あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)無料試し読みコーナー


「東日本何でもケトばす会」がさまざまな島に旅する「あやしい探検隊」」シリーズの第三弾。与那国島でカジキマグロ漁にのぞんだり、イソモシリ島でカニ鍋をつついたりと旅情をそそる冒険エッセイ。怪しいラッキョ仮面が登場するスリランカの旅やモルジブでのカツオ釣りも収録。本作用に表紙イラストを椎名誠が描き下ろし。巻末には、「対談 椎名誠×目黒考二」「電子書籍版あとがき」「椎名誠の人生年表」を掲載。*当時の写真を可能な限り復元していますが、判別困難なものも含まれていますのでご了承ください。また、復元が不可能な画像はカットしております。*書籍版ではモノクロだった画像を7枚分、カラーで復元しました。また、書籍版未収録の4枚のカラー画像を追加しました。<目次>与那国島 シケの東シナ海でカジキマグロに偏愛する瓢箪島 うけけけ、と泡だち海ボウズが夜更けに笑う由利島 公衆電話をヤブ蚊が守る怪しの無人島猿島 オシルコ波のむこうに浮かぶ「サルではなくてネコ」の島浮島 ゴーマン・ハラダチお説教島の夜は更けないスリランカ(その1) ニッポン日和見(ひよりみ)カレーあかつきに玉砕すスリランカ(その2) ラッキョ仮面の凶器攻撃についてモルジブ 南海の楽園にカツオブシ島があった竹生島 カヌーでめざしたドンブリ島イソモシリ島 北の果ての無人島でカニ鍋を食う単行本版あとがき対談 椎名誠×目黒考二電子書籍版あとがき椎名誠の人生年表
続き・・・



あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)「公式」はコチラから



あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)


>>>あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)評判


BookLive!(ブックライブ)のあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなあやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)あるある


スマホを使っている人は、BookLive「あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)」を簡単に漫喫できます。ベッドに寝そべって、目が重くなるまでのリラックスタイムに満喫するという人が増加しています。
読み放題という形は、電子書籍業界からしたらそれこそ革命的な試みになるのです。ユーザーサイドにとっても制作者にとっても、良い面が多いと言っていいでしょう。
本屋には置いていないといったずいぶん前のタイトルも、電子書籍なら販売しています。無料コミックの中には、中高年層がずいぶん前に何度も読んだ漫画が含まれていることもあります。
BookLive「あやしい探検隊 不思議島へ行く(「椎名誠 旅する文学館」シリーズ)」のサイトによってまちまちですが、丸々1巻全部を料金請求なしで試し読みできるというところも若干あります。1巻を読んでみて、「面白いと感じたら、その先の巻を買ってください」という販売促進戦略です。
老眼に見舞われて、目の前の文字が見えにくくなってしまったという読書家の高齢者にとって、スマホで電子書籍を読むことができるようになったというのは意義深いことなのです。文字の大きさを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。



ページの先頭へ