まなざし無料試し読みコーナー


これからの執筆・編集・出版に携わる人のサイト「DOTPLACE(http://dotplace.jp)」でとりわけ話題を集める、研究者/映像作家・菅俊一氏の連載コラム「まなざし」が、満を持して電子書籍化。「読むこと」「書くこと」とそのまわりに潜む日常のちょっとした違和感を、シンプルな言葉で丁寧に読み解いていく12編の「まなざし」。電子書籍版ならではの追加テキストも収録。イラストレーター・Noritake氏による描き下ろしイラストも見どころです。
続き・・・



まなざし無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


まなざし「公式」はコチラから



まなざし


>>>まなざしの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)まなざし評判


BookLive!(ブックライブ)のまなざし支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもまなざし電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもまなざしの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもまなざし支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、まなざしの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいまなざしが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなまなざし電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)まなざしあるある


話題の作品も無料コミックであれば試し読み可能です。所有しているスマホで読むことが可能なので、自分以外に知られたくないとか見られると気恥ずかしい漫画も秘密のままで読み続けられます。
BookLive「まなざし」で漫画を手に入れれば、自分の家に本棚を設置するのは不要になります。新刊が出たからと言って書店へ行く手間もかかりません。このような利点から、利用する人が拡大しているのです。
コミックは、読んでしまってから古本屋に出しても、大した金額にはなりませんし、再度読みたくなった時に大変なことになります。無料コミックを活用すれば、場所いらずなので片付けに苦労することがないのです。
BookLive「まなざし」を読みたいなら、スマホに限ります。大きなパソコンは持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも混み合った電車の中などでの閲覧には適していないと考えられるからです。
「漫画の数があり過ぎて頭を痛めているので、購入するのをためらってしまう」という心配が不要なのが、BookLive「まなざし」の人気の秘密です。次々に購入しても、片づける場所を考えることはありません。



ページの先頭へ