DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>無料試し読みコーナー


700点を超える写真と精彩イラストで、筋肉の仕組みと効果的な医療マッサージを解説した充実の1冊です! 監修は、東京有明医療大学教授・柔道整復学科長の成瀬秀夫先生。執筆協力は、筑波技術大学保健学科・鍼灸学専攻教授の緒方昭広先生。柔道整復と鍼灸の第一人者であるお二人による、一番わかりやすく、効果のある医療マッサージをご自宅でどうぞ!本書は、「DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ」の底本を電子書籍化したものです。この底本は、あくまでも書籍とDVDとを併せて読むことでより理解が深まる構成となっております。底本を電子書籍として読みたい方や、書籍でザックリと理解したい人向けの本です。本電子書籍だけでは、わかりづらい部分もありますのでご注意ださい。【目次】◎筋ビジュアル大図解序 章 クリニカルマッサージとは第1章 頭部の筋とマッサージ第2章 頸部の筋とマッサージ第3章 胸部の筋とマッサージ第4章 腹部の筋とマッサージ第5章 背・腰部の筋とマッサージ第6章 上肢の筋とマッサージ第7章 下肢の筋とマッサージ<電子書籍について>※本電子書籍は同じ書名の出版物を底本とし電子書籍化したものです。※本電子書籍には、DVDは付録されておりません。※本電子書籍は固定型レイアウトタイプの電子書籍です。※目次ページでは、該当ページの数字部分をタップしていただくと、すぐのそのページに移動することができます。なお、さくいん並びに本文中に参照ページがある場合及び【立ち読み版】からは移動できませんので、ご注意ください。また閲覧するEPUBビューアによっては正常に動作しない場合があります。※本文に記載されている内容は、印刷出版当時の情報に基づき作成されたのものです。※印刷出版を電子書籍化するにあたり、電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。また、印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。株式会社西東社/seitosha
続き・・・



DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>「公式」はコチラから



DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>


>>>DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>評判


BookLive!(ブックライブ)のDVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもDVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもDVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもDVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいDVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなDVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>あるある


漫画を買ってまで読むという人の数は、毎年のように低減しているというのが実態です。他社と同じようなマーケティングにこだわることなく、料金の発生しない無料漫画などを提供することで、新規ユーザーの獲得を目論んでいます。
どんな物語かが曖昧なままで、表紙のイラストだけで漫画を購入するのは冒険だと言えます。タダで試し読み可能なBookLive「DVD 筋の機能解剖学に基づいたクリニカルマッサージ<DVDなしバージョン>」であれば、そこそこ内容を精査してから買えます。
コミックサイトの一番の訴求ポイントは、品揃えが本屋よりはるかに多いということだと考えられます。売れない本を抱える心配がない分、多岐に亘るタイトルを置くことができるというわけです。
コミックサイトもいっぱい運営されていますので、比較検討して使い勝手の良さそうなものを選定することが大事になってきます。というわけで、何はともあれ各サイトの利点を覚えるようにしましょう。
わざと無料漫画を提示することで、利用者数を増やし売り上げ増加に繋げるのが電子書籍サイトの狙いということになりますが、反対にユーザー側からしても試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。



ページの先頭へ