白い波の荒野へ無料試し読みコーナー


やがて無言になり、かろうじて一言つぶやく。「波が来る」オアフ島の北海岸にある小屋で4人の若いサーファーが共同生活をしている。50フィートという途方もない高さを持つ波を経験し、それを16ミリ・フィルムで撮影することにも彼らは成功した。スクリーンに映し出された波を追体験する時間と一瞬に通り過ぎた現実の波の時間、待機の時間。3種類の時間はしかし、すべてが1つになって彼らの人生の時間になる。目の前にある圧倒的な無限を知ってしまった人間の充実した空虚がここにある。心理を描かない作家・片岡義男の絶対処女作。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



白い波の荒野へ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


白い波の荒野へ「公式」はコチラから



白い波の荒野へ


>>>白い波の荒野への詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)白い波の荒野へ評判


BookLive!(ブックライブ)の白い波の荒野へ支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも白い波の荒野へ電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも白い波の荒野への料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも白い波の荒野へ支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、白い波の荒野への冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい白い波の荒野へが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな白い波の荒野へ電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)白い波の荒野へあるある


スマホやノートブックの中に読みたい漫画を全部保存しちゃえば、片付ける場所を危惧することは不要になります。何はともあれ無料コミックから挑戦してみてはどうですか?
このところ、電子書籍業界では先駆け的な「読み放題」というサービスが誕生し注目を集めています。1冊ごとにいくらではなくて、毎月いくらという料金収受方式を採用しています。
お店の中などでは、軽く読むことも躊躇する類の漫画でも、無料漫画サービスのある電子書籍だったら、好みに合致するかをきちんと確認した上で買うことができるので、後悔することがほとんどありません。
「詳細を確認してからでないと購入に踏み切れない」という考えを持っているユーザーからすれば、無料漫画と言いますのは短所のないサービスだと言えます。運営側からしても、利用者数増加を望むことができます。
話題の作品も無料コミック上で試し読みができます。あなたのスマホ上で読めるわけですから、ヒミツにしておきたい・見られるとヤバい漫画もこそこそと楽しめるのです。



ページの先頭へ