友よ、また逢おう無料試し読みコーナー


いつも未知のほうへ、生命のきらめきのほうへ、ビリーは向かって行った。ビリー・ザ・キッドといえば、アメリカ西部開拓時代のヒーローとして、数々の小説や映画に描かれてきた。そのビリーの生きた日々を、片岡義男が書くとどうなるか。伝説の男による銃の早技は確かに描かれはするもののここにあるのは少年から青年に移ろうとする1人の男の一日いちにちのていねいな積み重ねであり、主人公である彼さえもがその一部になってしまう北米大陸の圧倒的な自然、そして時代の苛烈さである。ビリーが求めたものは栄光ではなかった。自分を日々新たに鍛え直す、恐怖に似た未知のほうへ彼はいつも向かっていったのだ。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



友よ、また逢おう無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


友よ、また逢おう「公式」はコチラから



友よ、また逢おう


>>>友よ、また逢おうの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)友よ、また逢おう評判


BookLive!(ブックライブ)の友よ、また逢おう支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも友よ、また逢おう電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも友よ、また逢おうの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも友よ、また逢おう支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、友よ、また逢おうの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい友よ、また逢おうが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな友よ、また逢おう電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)友よ、また逢おうあるある


最初に試し読みをして漫画の物語を確認してから、納得して購入し読めるのがネット漫画の特長です。予め内容を知れるので失敗することがほとんど皆無です。
子供の頃に繰り返し読んだ思い出のある漫画も、BookLive「友よ、また逢おう」として取り扱われています。家の近くの書店では並んでいないような作品も数多くあるのがセールスポイントだと言えるでしょう。
ずっと単行本という形になったものを買っていたといった方も、電子書籍を試し読みしてみた途端、便利過ぎて戻れないということがほとんどです。コミックサイトも様々ありますから、是非とも比較してからセレクトしていただきたいです。
老眼で近くの物が見えにくくなってしまったという読書家にとって、スマホで電子書籍を楽しめるようになったというのは、何より有難いことなのです。表示文字のサイズを自分好みに調整できるからです。
普通の本屋では、スペースの関係で陳列することが可能な書籍数が制限されますが、BookLive「友よ、また逢おう」だとそんな制限が必要ないので、発行部数の少ない書籍も少なくないのです。



ページの先頭へ