縛り首の木無料試し読みコーナー


死の尻(けつ)をなめた男の昔語り。狂った青空の下、ひたすら長く延びるカントリー・ロードを行く。茫漠と広がる大地ばかりが取り囲み、やがて足を踏み入れたゴーストタウンに、小説の後半、大木と1組の夫婦が現れる。1本の木を介して、死がすぐそこにあった時代。死は、子供たちの手の先、いや、首の周りにあった。縛り首の木のすぐ傍のブランコみたいに。アメリカの昔と今を貫通する死の光芒。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



縛り首の木無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


縛り首の木「公式」はコチラから



縛り首の木


>>>縛り首の木の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)縛り首の木評判


BookLive!(ブックライブ)の縛り首の木支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも縛り首の木電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも縛り首の木の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも縛り首の木支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、縛り首の木の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい縛り首の木が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな縛り首の木電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)縛り首の木あるある


読んだ方がよいか悩み続けている漫画があるときには、BookLive「縛り首の木」のサイトで0円の試し読みを行なってみると良いでしょう。触りだけ読んで続きが気にならないと思ったら、決済しなければ良いだけの話です。
「画面が小さいから読みにくいということはないのか?」とおっしゃる人もいますが、そんな人もBookLive「縛り首の木」をダウンロードしスマホで閲覧してみると、その素晴らしさにビックリすること請け合いです。
お店で売っていないというような昔のタイトルについても、電子書籍では扱われています。無料コミックの中には、50歳前後の人がずいぶん前に繰り返し読んだ本も沢山含まれています。
読み放題サービスというのは、電子書籍業界でしか実現できない正に革新的とも言える試みなのです。利用する方にとっても制作者サイドにとっても、魅力が多いと言えるでしょう。
漫画本というのは、読み終えてから古本買取専門店などに売却しようとしても、数十円にしかなりませんし、もう一度読み返したいと思ったときに困ることになります。無料コミックのアプリなら、場所は不要なので片付けに苦労する必要がありません。



ページの先頭へ