パッシング・スルー無料試し読みコーナー


見ることは通り過ぎること。すべて自分のものでない風景の中を。端的なタイトルがこの短編のすべてを表している。通り過ぎること、それがすべて。町を通り過ぎながら、見る。徒歩や自転車やオートバイのように体を外気にさらさない四角い個室のまま自動車で移動することで見ることは純化される。通り過ぎることでカメラ・アイになる。そこに対向車が、ガス・ステーションが、林が、湖が、広告の看板が、遊園地が、ビーチパラソルが、教会が映る。主人公は、カメラではなく、人間であることを忘れないように(?)時折、リンゴをかじる。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



パッシング・スルー無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


パッシング・スルー「公式」はコチラから



パッシング・スルー


>>>パッシング・スルーの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)パッシング・スルー評判


BookLive!(ブックライブ)のパッシング・スルー支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもパッシング・スルー電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもパッシング・スルーの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもパッシング・スルー支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、パッシング・スルーの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいパッシング・スルーが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなパッシング・スルー電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)パッシング・スルーあるある


「家の中以外でも漫画をエンジョイしたい」という漫画愛好家の方に最適なのがBookLive「パッシング・スルー」だと言っても過言じゃありません。かさばる漫画を持ち運ぶ必要がなくなるため、鞄の中身も軽くなります。
BookLive「パッシング・スルー」のサイトにもよりますが、1巻全部のページを無料で試し読みができるというところも存在しています。1巻はタダにして、「もっと読みたいと思ったら、次巻以降をお金を支払って買い求めてください」という戦略です。
きちんと比較をした後にコミックサイトをチョイスしている人が少なくないようです。ネット上で漫画を堪能したいと言うなら、様々なサイトの中から自分にあったものを選び出す必要があります。
電子書籍は買いやすく、気付かないうちに金額が高くなりすぎているということが無きにしも非ずです。けれども読み放題に申し込めば月額料が固定なので、何タイトル読もうとも支払が高額になるなどということはあり得ないのです。
アニメにハマるというのは、心身をリフレッシュするのに大変役に立つことが分かっています。複雑怪奇な物語よりも、明快な無料アニメ動画が良いでしょう。



ページの先頭へ