樹無料試し読みコーナー


孤独な男は、二度失う。二本の樹を失い、二回の銃弾がこだまする。長い歳月が、何もかも変えてしまうことがある。そして、最もかけがえのないものが、あまりの純粋さゆえか、やはり長い長いあいだ、記憶の底に沈んだままでいることがある。2つの長い時間が交錯するその時、悲劇に振れてしまうことがある。かつて子供の頃に1年だけ住んだ町のあまりの変貌に呆然としつつ1枚の絵によって忽然とよみがえった自分の宝を男は実に34年ぶりに探し始める。その願いが叶うはずのないことが理解された時、男の居場所はもはや、静かな狂気以外にはない。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



樹無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


「公式」はコチラから



樹


>>>樹の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)樹評判


BookLive!(ブックライブ)の樹支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも樹電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも樹の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも樹支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、樹の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい樹が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな樹電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)樹あるある


買ってしまう前にざっくり内容をチェックすることが可能だったら、購入してから悔やまなくて済みます。普通の本屋さんで立ち読みをする時と同じように、BookLive「樹」でも試し読みを行なえば、中身を知ることができます。
コミックサイトも多々ありますから、比較して自分にぴったりなものを見極めることが大切になります。そんなわけですから、先ずは各サイトの特性を知ることが求められます。
「連載ものになっている漫画が読みたい」という人には無用の長物かもしれません。ただし単行本が発売になってから入手するという利用者にとっては、単行本を購入する前に無料漫画で中身をチェックできるというのは、何より嬉しいことなのです。
漫画を買い揃えていくと、やがて収納できなくなるという問題が発生することになります。しかし実体を持たないBookLive「樹」なら、収納スペースに悩むことがあり得ないので、収納などを考えることなく楽しむことができるというわけです。
単行本は、本屋で軽く読んで購入するか否かの意思決定をする人ばかりです。しかしながら、昨今はまずはBookLive「樹」で1巻だけ読んで、その書籍をDLするか判断する方が増えているようです。



ページの先頭へ