砂に書いたラブレター無料試し読みコーナー


夏を通過した16歳の彼女は、もう以前の彼女ではない。16歳の高校生。母親の反対を知りながら彼女は海辺の店でアルバイトを始める。学校や家庭という枠の外に出て、もう少し広い世界に触る機会だ。そして、その時は突然にやってくる。21歳。何よりも波乗りを愛する男。彼女もまた、波に乗る。体も、気持ちも。深い歓びとともに。波は、いつまでも続くわけではない。波が去った後の悲しさを知った彼女はもう、あたらしい彼女だ。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



砂に書いたラブレター無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


砂に書いたラブレター「公式」はコチラから



砂に書いたラブレター


>>>砂に書いたラブレターの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)砂に書いたラブレター評判


BookLive!(ブックライブ)の砂に書いたラブレター支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも砂に書いたラブレター電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも砂に書いたラブレターの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも砂に書いたラブレター支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、砂に書いたラブレターの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい砂に書いたラブレターが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな砂に書いたラブレター電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)砂に書いたラブレターあるある


電子書籍に限っては、気付かないうちに利用代金がすごい金額になっているということが十分考えられます。でも読み放題でしたら月額料が一定なので、読み過ぎたとしても支払金額がバカ高くなることは皆無です。
「電子書籍が好きじゃない」という愛読家の人も多数いるようですが、1回でもスマホ上で電子書籍を読んだら、その利便性や購入の簡単さから愛用者になる人が大半だと聞いています。
「通学時間に電車で漫画を開くのはためらってしまう」、そんな人であってもスマホ内部に漫画をダウンロードすれば、人の目などを気にすることが不要になります。率直に言って、これがBookLive「砂に書いたラブレター」の凄さです。
BookLive「砂に書いたラブレター」が中高年層に評判となっているのは、幼少期に幾度となく読んだ漫画を、もう一度自由気ままに楽しめるからだと言って間違いありません。
無料漫画と言いますのは、店舗での立ち読みみたいなものだと考えていいでしょう。面白いかどうかを適度に確認した上で手に入れられるので、利用者も安心できるはずです。



ページの先頭へ