シュガー・トレイン無料試し読みコーナー


最後のサーフが消えるとき、彼女に巨大なサーフがやってくる。美しく、大きな波で知られた島は、変わろうとしている。火力発電に伴うコンクリート桶の建設が、景観ばかりでなく、ついにはサーフそのものを消してしまう。抗いようもなく進行していくその流れは、誰が善で誰が悪という単純さを許さない過酷さでかつて走っていた蒸気機関車の復活にも火をつける。島そのものが持つ歴史、そこに暮らす人々の知恵から生まれるそうした一連の動きが、ある時、一人の女性の身心を直撃する。それは慶賀すべきことであると同時にパニックに近い事態でもありやはり善悪の向こう側にある荒々しさに満ちている。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



シュガー・トレイン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


シュガー・トレイン「公式」はコチラから



シュガー・トレイン


>>>シュガー・トレインの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)シュガー・トレイン評判


BookLive!(ブックライブ)のシュガー・トレイン支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもシュガー・トレイン電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもシュガー・トレインの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもシュガー・トレイン支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、シュガー・トレインの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいシュガー・トレインが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなシュガー・トレイン電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)シュガー・トレインあるある


「アニメに関しては、テレビで放送されているものしか見ない」というのは時代にそぐわない話だと言うしかないでしょう。その理由としては、無料アニメ動画等をオンラインで楽しむという形が浸透しつつあるからです。
「並んでいるタイトル全てが読み放題であれば良いのに・・・」という漫画オタクの要望をベースに、「月に固定額を払えば個別に支払う必要はない」という形式の電子書籍が考えられたのです。
数年前に出版された漫画など、お店では注文しなければ読むことができない書籍も、BookLive「シュガー・トレイン」という形で様々取り扱われていますので、スマホが1台あれば買い求めて見ることができます。
スマホで閲覧できるBookLive「シュガー・トレイン」は、移動する時の荷物を少なくするのに有効です。バッグの中などに何冊も本をしまい込んで持ち運ばなくても、好きな時間に漫画を閲覧することが可能だというわけです。
読み放題というサービスは、電子書籍業界でしか実現できない間違いなく革新的な挑戦なのです。ユーザーにとっても出版社や作家さんにとっても利点が多いと言っていいでしょう。



ページの先頭へ