1963年、土曜日、午後無料試し読みコーナー


1980年、夜、霧の中の別れ。さて今日は、何曜日だろう?片岡義男の短編小説では、男女の出会いは路上で起きる。それが再会、としての出会いであればしかも完璧に偶然のそれであれば、物語はめまぐるしく時をかけめぐる。とりわけ、過去の方へ。路上での、偶然の、実に17年ぶりの邂逅。2人には、これもまた偶然に、通りかかった友人によってあの日のスナップが残されていた。それを所持しているのは女のほうだ。しかし時はとまらない。男はオートバイ、女はマーキュリーで1人を生きる。やがて、あたりを取り囲んだ濃い霧の向こうに去っていく。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



1963年、土曜日、午後無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


1963年、土曜日、午後「公式」はコチラから



1963年、土曜日、午後


>>>1963年、土曜日、午後の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)1963年、土曜日、午後評判


BookLive!(ブックライブ)の1963年、土曜日、午後支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも1963年、土曜日、午後電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも1963年、土曜日、午後の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも1963年、土曜日、午後支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、1963年、土曜日、午後の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい1963年、土曜日、午後が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな1963年、土曜日、午後電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)1963年、土曜日、午後あるある


「家の中に置くことができない」、「購読していることをバレたくない」という漫画だったとしても、BookLive「1963年、土曜日、午後」を賢く利用することで他の人に知られずに満喫できます。
小学生だった頃に楽しんだ昔ながらの漫画も、BookLive「1963年、土曜日、午後」として読めるようになっています。書店では取り扱っていない漫画も取り揃えられているのが人気の秘密だと言うわけです。
読み放題プランというシステムは、電子書籍業界にとりましては間違いなく斬新なトライアルです。購入する側にとっても著者や出版社にとっても、良い面が多いと言うことができます。
「アニメについては、テレビで見ることができるもの以外見ない」というのは時代にそぐわない話だと言うしかないでしょう。その理由は、無料アニメ動画等をWebで見るという形が増加しつつあるからです。
サービスの中身は、会社によって違います。そんな状況なので、電子書籍を何所で買うことにするのかに関しては、比較すべき内容だと思います。あっさりと決定するのはおすすめできません。



ページの先頭へ