ブルー・ムーン無料試し読みコーナー


別れ話は3度。そして空には、ブルー・ムーン。女と男がいる。女が「終わりにしたい」という。男は「なぜ?」と聞く。人類が、これまで無限に繰り返してきた行為だ。いったい、平行線ではない別れ話というものが、あるだろうか?終わりにすることと嫌いになることは違う、という言葉がそこにあり、しかしその言葉は2人のあいだで共有されない。されないまま、しかし2人は3度、話すために会う。一度目と二度目は雨。しかし三度目は晴れた。すべてを終えて、窓から見えるのは、きれいなブルー・ムーン。【著者】片岡義男:1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。86年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



ブルー・ムーン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ブルー・ムーン「公式」はコチラから



ブルー・ムーン


>>>ブルー・ムーンの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ブルー・ムーン評判


BookLive!(ブックライブ)のブルー・ムーン支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもブルー・ムーン電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもブルー・ムーンの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもブルー・ムーン支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ブルー・ムーンの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいブルー・ムーンが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなブルー・ムーン電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ブルー・ムーンあるある


老眼のせいで、近場の文字がハッキリ見えなくなってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍が読めるようになったというのは、ある意味革新的なことなのです。文字サイズを調整できるからです。
本や漫画などの書籍を購入するという時には、パラパラとストーリーを確かめた上で決定する人が圧倒的です。無料コミックなら、立ち読みしているのと同様に中身を確かめるのも容易いのです。
ほとんどのお店では、商品棚に並べる漫画の立ち読みを禁止するために、ビニールをかけるのが通例です。BookLive「ブルー・ムーン」なら試し読みというサービスがあるので、漫画の概略を見てから買うか決めることができます。
比較したあとにコミックサイトを選んでいる人が少なくありません。ネットを介して漫画を楽しみたいなら、沢山のサイトの中より自分に最適なものをセレクトするようにしましょう。
電子書籍を買うというのは、オンライン経由で情報を得るということなのです。サービスが終了してしまうようなことがありますと利用することができなくなるので、念入りに比較してから心配する必要のないサイトを選択しましょう。



ページの先頭へ