かく云へば無料試し読みコーナー


俳諧師であり宝井其角研究家である二上貴夫(フタカミキフウ)の第二句集。凡そ二百五十句を集録。 作者は、平成十八年に第一句集『?天(しゅうてん)』を刊行し、平成二十四年、俳誌『詩あきんど』を創刊したが、この『?天』以後『詩あきんど』以前の凡そ七年間をまとめた集である。 作者にとっての、この七年間のおおきな出来事は加藤郁乎氏らと共に「宝井其角三百回忌」を江戸東京博物館にて催し、其角の墓がある神奈川県伊勢原市「上行寺」にて修したことである。これを機縁に、毎年上行寺にて四月の第一土曜日に「晋翁忌俳諧興行」を催すことになり、平成二十七年現在、十回を数えた。【目次】秦野八景 九句吊 し 雛 七十八句水 引 い て 五十七句白襲 十六句体 温 も 三十一句か く 云 へ ば 四十七句一九六八~九年 十二句解題 二上貴夫氏の俳句「かく云へば」管見 福島壺春プロフィール奥付【著者】二上貴夫:一九四七年、佐賀県鹿島市生まれ。一九九一~一九九七年、『俳諧接心』岡本星女主宰より、十二句連句の手解きを受ける。一九九三~一九九六年、『草の花』(藤田あけ烏主宰)へ投句。一九九六~二〇〇五年、『紫薇』の同人になり、澁谷道主宰より、非懐紙連句の手解きを受ける。二〇〇一年『わいわい連句遊び―連句文芸賞への誘い』を刊行。二〇〇六年、其角三百回忌を加藤郁乎氏らと催す。二〇〇九~二〇一三年、『ぶるうまりん』(須藤徹主宰)へ投句。二〇一二年九月、俳誌『詩あきんど』を創刊。
続き・・・



かく云へば無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


かく云へば「公式」はコチラから



かく云へば


>>>かく云へばの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)かく云へば評判


BookLive!(ブックライブ)のかく云へば支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもかく云へば電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもかく云へばの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもかく云へば支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、かく云へばの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいかく云へばが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなかく云へば電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)かく云へばあるある


必ず電子書籍で購入するという人が急増しています。バッグなどと一緒に携帯することも不要になりますし、本を片付ける場所も気にしなくて良いからです。それに無料コミックもあるので、試し読みだって可能なのです。
「スマホの小さな画面だと読みにくいということはないのか?」と言う人がいるのも知っていますが、現実的にBookLive「かく云へば」を1冊買ってスマホで閲覧するということをすれば、その利便性にビックリすること請け合いです。
スマホを使って電子書籍を購入すれば、移動中やブレイクタイムなど、場所に縛られることなくエンジョイできます。立ち読みも可能ですから、店頭まで足を運ぶことは不要なのです。
BookLive「かく云へば」を読みたいなら、スマホが最適です。パソコンは重たいので持ち運ぶことが不可能ですし、タブレットも通勤電車などの中で閲覧するというような時には不向きだと考えられるからです。
1ヶ月分の料金を払うことで、様々な書籍を際限なしに読むことができるという読み放題コースが電子書籍で人気となっています。その都度購入する手間暇が不要なのが一番のポイントです。



ページの先頭へ