名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年無料試し読みコーナー


中部圏のゲートシティー名古屋市。玄関口の「名駅」は、JR、名鉄、近鉄、名古屋市営地下鉄の駅が集まる交通の要衝。そのランドマークともいえるのがJR名古屋駅の複合型超高層ビル「JRセントラルタワーズ」だ。同駅は平成28年5月1日に開業130周年を迎えた。前身の国鉄(鉄道局)名護屋駅の開業は明治19年(1886)の同日で、翌20年に名古屋と改称。昭和12年(1937)2月1日に現在地へ移転し、当時としては東洋一の駅ビルを構えた。本書は、名古屋駅の明治~平成の動向を中心に、同駅近隣で生まれ育ち、今も居住する生粋の名古屋人がまとめた、“波瀾万丈の名駅”語る回顧録でもある。徳田 耕一(とくだこういち)交通ライター。昭和27年(1952)、名古屋市生まれ。名城大学卒業。旅行業界での経験もあり、観光系の大学や専門学校で観光学などの教鞭をとり、鈴鹿国際大学と鈴鹿短期大学では客員教授を務めた。また、旅行業界が縁で菓子業界との関係もでき、観光土産の企画や販路拡大などにも活躍。鉄道旅行博士。はこだて観光大使。主な著書に『名古屋市電が走った街 今昔』『パノラマカー栄光の半世紀』(JTBパブリッシング)、『まるごと名古屋の電車』(河出書房新社)ほか、名古屋の鉄道に関することを中心に多数。新聞・雑誌などにも多く寄稿している。
続き・・・



名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年「公式」はコチラから



名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年


>>>名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年評判


BookLive!(ブックライブ)の名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年あるある


スマホを介して電子書籍を購入すれば、職場までの移動中や一服時間など、どんなタイミングでもエンジョイできます。立ち読みもできるシステムとなっていますから、本屋に立ち寄る必要など皆無です。
スマホやノートブックの中に読みたい漫画を全部収めれば、収納場所について気にする必要がありません。とりあえずは無料コミックから利用してみると良さが実感できます。
コンスタントに新たなタイトルが追加されるので、毎日読もうとも全部読み終えてしまうおそれがないというのがコミックサイトの売りです。書店にはないちょっと前のタイトルも買い求めることができます。
Web上にある通販サイトでは、基本は作者やタイトル以外、さらっとした内容のみが分かるだけです。それに比べBookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」を利用すれば、何ページ分かは試し読みで確認できます。
小学生だった頃に繰り返し楽しんだお気に入りの漫画も、BookLive「名古屋駅物語 明治・大正・昭和・平成~激動の130年」として読めます。家の近くの書店では購入できない作品も数多くあるのが人気の理由だと言っても過言ではありません。



ページの先頭へ