寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料試し読みコーナー


昭和42(1967)年、夫の転勤先の四国・高松で長男を産んだ。線路際の宿舎の横を蒸気機関車が現役で走っていた。以来、長くて4年、短いときは1年で引っ越しを繰り返す――。夜中に帰ってきたとたん電話が鳴って職場に引き返すなど昼も夜もなく仕事に奔走する夫、赴任地で生まれ成長していく子どもたち、夫の上司夫妻との交流や国鉄アパートでの人間模様…。国鉄職員の仕事ぶりとそれを支えた家族の記憶が、国鉄が変革を迫られていく時代風景とともに語られていく。国鉄マンの妻が紡ぐ、“あの時代”の物語。石井妙子(いしい たえこ)昭和18(1943)年、東京生まれ。証券会社勤務時代に、国鉄職員である石井康祐(後のJR東日本発足時取締役)と結婚。3人の男児を産み育てながら、国鉄職員である夫を支える。60代半ばに差しかかり、国鉄職員とその家族がどのように働き、暮らしたのかについて「本を書いておこう」と思い立ち、本書を執筆。平成18(2006)年12月、『国鉄発・JR行き 自動制御な家族の旅』のタイトルで、岩波出版サービスセンターより自費出版。夫とともに千葉県在住。
続き・・・



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年「公式」はコチラから



寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年


>>>寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年評判


BookLive!(ブックライブ)の寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年あるある


スマホを使って電子書籍を購入すれば、通勤途中やコーヒータイムなど、場所を選ぶことなく楽しむことができるのです。立ち読みもできてしまうので、ショップまで行くなんて必要はないのです。
BookLive「寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年」の拡販戦略として、試し読みができるという取り組みは優れたアイデアだと言えるでしょう。時間を忘れて書籍の内容を閲覧することができるので、空いている時間を有効活用して漫画を選定することができます。
お金を支払う前にある程度中身を知ることが可能であれば、買ってから失敗だったということがありません。売り場で立ち読みをするときのように、BookLive「寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年」でも試し読みをすることで、内容の確認ができます。
電子書籍も普通の漫画と同じで情報が商品なので、自分に合わない内容でも返すことはできません。それ故概略を確認するためにも、無料漫画を閲覧することが大事になります。
漫画好きだということを秘密裏にしておきたいと言う人が、最近増加しているらしいです。マイホームに漫画を持ち込むことができないというような方でも、BookLive「寝ても覚めても国鉄マン 妻が語る、夫と転勤家族の20年」なら誰にもバレずに漫画を楽しむことができます。



ページの先頭へ