銀の鬼(14)無料試し読みコーナー


おまえが大きくなったら必ずむかえにいくぞ――夏乃ふぶきは幼い頃、銀色の鬼が人をさらって殺して食べる姿を見てしまう。鬼の影に怯えながら17歳に育ったふぶきは、担任である島影十年(しまかげとね)に淡い恋心を抱き、長年の苦しみを島影先生に相談してしまう。すると…!? 一面の薔薇、甘いお菓子の家…千年の孤独と過去を抱える鬼と、少女と猫の不思議な絆を描く、禁断の恋愛ファンタジー!その後のお話へと繋がります。
続き・・・



銀の鬼(14)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


銀の鬼(14)「公式」はコチラから



銀の鬼(14)


>>>銀の鬼(14)の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)銀の鬼(14)評判


BookLive!(ブックライブ)の銀の鬼(14)支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも銀の鬼(14)電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも銀の鬼(14)の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも銀の鬼(14)支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、銀の鬼(14)の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい銀の鬼(14)が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな銀の鬼(14)電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)銀の鬼(14)あるある


コミックブックと言うと、「少年少女をターゲットに作られたもの」だと思い込んでいるのではないでしょうか?しかしながらこのところのBookLive「銀の鬼(14)」には、中年層の方が「感慨深いものがある」と思えるような作品も豊富にあります。
スマホで電子書籍を購入しておけば、電車での移動中や午後の休憩時間など、どんなところでも楽しむことができるのです。立ち読みも可能ですから、ショップまで行くことなど必要ありません。
漫画が何より好きなのをあまり知られたくないと言う人が、近年増えていると言われます。マイホームに漫画を持ち込むことができないっていう人だとしても、BookLive「銀の鬼(14)」経由なら他人に隠したまま閲覧することができます。
カバンを持たずに出かけるという男性たちにとって、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのは画期的です。荷物の量は変わらないのに、ポケットにインして本とか漫画を持ち運ぶことができるわけです。
「アニメというのは、テレビで視聴できるもの以外見ない」というのは、今となっては古すぎる話でしょう。どうしてかと言いますと、無料アニメ動画などをネット経由で見るというパターンが増えてきているからです。



ページの先頭へ