海図と航海日誌無料試し読みコーナー


本は人を変えるのだ。あの時あの本に出会わなかったら??。作家として書評家として第一線で活躍する池澤夏樹の半世紀にわたる読書遍歴。広大な書物の海を航海し、自らの歩みに多大な影響を与えた寄港地=書物を巡る18章は、書物の世界の旅への魅惑的な誘い。【目次】序 日々の糧と回心の契機一 地中海世界の彼方へ二 子供の読書と大人の読書三 意味とひびき四 地理的人間五 知識のゲーム性六 自分の国七 うまく作られた物語八 科学と知的好奇心九 三人のアメリカ作家十 画集との交際十一 M氏とT氏十二 読みの構造十三 民話にはじまる十四 写真の時代十五 南洋との出会い十六 本との別れ十七 書棚に背を向けて十八 塔が崩れてから十九 寄港地一覧 あるいは九十九の小説あとがき人名・書名リスト【著者】池澤夏樹1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。http://www.impala.jp
続き・・・



海図と航海日誌無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


海図と航海日誌「公式」はコチラから



海図と航海日誌


>>>海図と航海日誌の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)海図と航海日誌評判


BookLive!(ブックライブ)の海図と航海日誌支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも海図と航海日誌電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも海図と航海日誌の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも海図と航海日誌支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、海図と航海日誌の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい海図と航海日誌が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな海図と航海日誌電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)海図と航海日誌あるある


誰でも無料漫画が読めるということで、ユーザー数が増えるのは当然だと言えるでしょう。店舗とは違い、人の視線に気を配ることなく立ち読みできるというのは、電子書籍だけの利点だと言えるのではないでしょうか?
書籍の販売低迷が指摘される昨今ですが、電子書籍は今までとは異なるシステムを提案することにより、新規ユーザーを増加させつつあります。斬新な読み放題というシステムがそれを実現する原動力となったのです。
仕事がとても忙しくてアニメを見ることが出来ないという人にとっては、無料アニメ動画が便利です。決められた時間に視聴する必要がありませんから、暇な時間に見れるわけです。
10年以上前に繰り返し読んだ思い出のある漫画も、BookLive「海図と航海日誌」として購入できます。一般の書店では取り扱っていない漫画も数多くあるのが特長となっています。
「どのサイトで本を購入するのか?」というのは、案外大切な事です。売値やサービス内容なども色々違うので、電子書籍というのは比較しないとならないと考えています。



ページの先頭へ