コーヒーが冷えていく無料試し読みコーナー


冷めたコーヒー、1人で飲むか、2人で飲むのかこのうえなく愚かでバカな男がいて、しかしその男には友人もいれば親しい女性もいて、彼と彼女はまったくもって不本意な行動に駆り立てられる。この短編小説の主役はその彼と彼女のほうである。まさか自分がそんな行動を取らなければならなくなるなんてにわかには信じがたい状況が2人を待っている。いわば2人とも被害者だがその2人のあいだにもまだ信頼が生まれるには至らない。さて、せっかく買ったコーヒーは、この先、1人で飲むのか、2人で飲むことができるのか。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



コーヒーが冷えていく無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


コーヒーが冷えていく「公式」はコチラから



コーヒーが冷えていく


>>>コーヒーが冷えていくの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)コーヒーが冷えていく評判


BookLive!(ブックライブ)のコーヒーが冷えていく支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもコーヒーが冷えていく電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもコーヒーが冷えていくの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもコーヒーが冷えていく支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、コーヒーが冷えていくの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいコーヒーが冷えていくが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなコーヒーが冷えていく電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)コーヒーが冷えていくあるある


ここ最近、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というサービスが登場し注目されています。1冊単位でいくらというのではなく、1カ月単位でいくらという課金方法です。
BookLive「コーヒーが冷えていく」を読むと言うなら、スマホが便利です。PCは持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットも電車など混み合った中で閲覧するというような時には、大きすぎて使いづらいと言えます。
漫画というものは、読了後にブックオフなどに買取って貰おうとしても、買い取り金額は知れたものですし、もう一度読みたいときにスグに読めません。スマホがあれば読める無料コミックなら、収納場所も不要なので片付けに苦労しません。
漫画を入手するまでに、BookLive「コーヒーが冷えていく」を便利に使ってちょっとだけ試し読みする方が賢明だと思います。ざっくりとしたあらすじや登場する人物の風体を、購入するより先に見ておくことができます。
買った後で「期待したよりも楽しめなかった」と嘆いても、本は返品などできません。だけども電子書籍ならまず試し読みから入れるので、こうした事態を防ぐことができるのです。



ページの先頭へ