なんという甘いこと無料試し読みコーナー


まだ始まってもいない物語の空想段階はほどよく甘い25歳と28歳と24歳。この短編には3つの時間が流れている。24歳、25歳、28歳と自然の時間の流れに沿うのではなくまず25歳から始まるが描かれる場面は28歳のそれで、そこからパッと現実に引き戻されるが、その着地点はさっきまで彼女がいた25歳ではなくもう1年昔の24歳。そのようなささやかな、しかしめまいのするような時間のアクロバットによって、彼女はいま、ある「甘さ」の中にいる。それは弱さであると同時に貴重な甘美さでもあるだろう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。
続き・・・



なんという甘いこと無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


なんという甘いこと「公式」はコチラから



なんという甘いこと


>>>なんという甘いことの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)なんという甘いこと評判


BookLive!(ブックライブ)のなんという甘いこと支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもなんという甘いこと電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもなんという甘いことの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもなんという甘いこと支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、なんという甘いことの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいなんという甘いことが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめななんという甘いこと電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)なんという甘いことあるある


ここに来て、電子書籍業界では全く新しい「読み放題」というサービスが提供され評判となっています。1冊ごとにいくらではなくて、月毎にいくらという課金方式を採用しています。
漫画が手放せない人からすると、コレクションしておくための単行本は大事だと考えますが、手軽に楽しみたいという人だとすれば、スマホで読むことのできるBookLive「なんという甘いこと」の方が扱いやすいでしょう。
「乗車中に漫画を読むなんて出来ない」と言われるような方でも、スマホに直接漫画を保存すれば、人のことを考える必要がありません。まさに、これがBookLive「なんという甘いこと」の良いところです。
どういった話なのかが分からないまま、タイトルと著者名だけで漫画を選択するのは難しいです。試し読みができるBookLive「なんという甘いこと」であったら、概略的な内容を知った上で買うか・買わないかを判断できます。
無料コミックでしたら、買った方が良いかどうか迷っている漫画の最初だけを試し読みで閲覧することが可能なのです。前もって話の中身を一定程度確かめることができるので、とても有益なサービスだと言えます。



ページの先頭へ