アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす無料試し読みコーナー


雲の変化はそれだけ見ていても飽きない。沖縄本島の東側、太平洋が目の前に広がる小さな集落「アマバル」。その地で5年間を過ごした池澤夏樹の日々の自然観察日記だ。毎日姿を見せる鳥たちと親しくなり、家の中に作られた巣の子育てを観察する。季節ごとに異なる珍しい動物たちとの出会いを喜び、図鑑や事典で調べては身近な自然の奥行きを楽しむ。琉球の開闢伝説が今も息づく村での暮らしに溶け込みながら、海に潜り、グスクを歩き、満天の星を数える。時には変わりゆく自然環境にため息を漏らす。そんな暮らしの日常が軽妙に綴られたエッセー集。【目次】1 サシバの冬2 名前がわからない3 春から夏へ4 イソヒヨドリの育児5 遠い電光6 白いクロサギ7 ムカデとナナフシ8 台風が来た9 謎の小鳥と危ない連中10 月に狂う11 草刈りの快楽12 一年がすぎての反自然誌13 まさか動物ではあるまいが14 島へ渡る15 太陽の威力16 ヤスデがぞろぞろ17 海に潜ってはみたけれど18 新兵器とカメの子19 ネコの手を借りて20 落ち穂拾いの話題ばかりで21 メイサとホウライカガミ22 ハブがいた!23 こんなネズミがいたなんて24 御来光の荘厳25 雑草の花26 ガジュマルという木27 クワズイモと光る卵28 太陽は天の穴か29 二色の海30 最後の挨拶あとがき【著者】池澤夏樹1945年北海道帯広市に生まれる。小学校から後は東京育ち。以後多くの旅を重ね、3年をギリシャで、10年を沖縄で、5年をフランスで過ごして、今は札幌在住。1987年『スティル・ライフ』で芥川賞を受賞。その後の作品に『マシアス・ギリの失脚』『花を運ぶ妹』『静かな大地』『キップをなくして』『カデナ』『アトミック・ボックス』など。自然と人間の関係について明晰な思索を重ね、数々の作品を生む。2014年末より「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」全30巻の刊行を開始。http://www.impala.jp
続き・・・



アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす「公式」はコチラから



アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす


>>>アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らすの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす評判


BookLive!(ブックライブ)のアマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもアマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもアマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らすの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもアマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らすの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいアマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らすが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなアマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らすあるある


決まった月極め金額を入金すれば、様々な種類の書籍を何十冊でも閲覧することができるという読み放題コースが電子書籍で注目を集めています。毎回購入せずに読めるのが一番のポイントです。
「電車に乗車している最中に漫画を取り出すなんて考えたこともない」という方でも、スマホにそのまま漫画を保存しておけば、他人の目を気にすることがなくなります。このような所がBookLive「アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす」の特長です。
バッグを出来るだけ持ちたくない男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍に夢中になれるというのは凄いことです。荷物の量は増えないのに、ポケットに保管して本を携帯できるわけなのです。
「連載物として売られている漫画を購入したい」と言われる方には必要ないでしょう。けれど単行本として出版されてから入手すると言う人にとっては、単行本を買う前に無料漫画にて内容を試し読みできるのは、本当にありがたいことだと言えます。
漫画好きだということを秘密裏にしておきたいと言う人が、近年増加しているとのことです。部屋に漫画の置き場所がないという事情を抱えていたとしても、BookLive「アマバルの自然誌 沖縄の田舎で暮らす」を活用すれば人に隠した状態で漫画を読むことが可能です。



ページの先頭へ