初旅無料試し読みコーナー


稀代のストーリーテラー壺井栄が紡ぐ島の物語には、私たちがなくしてきた人の暮しが息づいている。ミネの初旅は十六歳の秋。高松への積み荷は四斗入りの醤油が八樽だけあった。その頃、樽職人の職をなくした父重吉を手伝い、ミネは荷役をする荒い働きをさせられていた。父と娘は自家の小船に乗って、まるで夜逃げでもするような真夜中の時刻に家を出た。重吉は米やそうめんや着物など、高松にいる教師になった息子に届ける大きな信玄袋を肩にかけ、ミネは自分の着物の入った小さな風呂敷包みを抱えていた。まっくらな夜であった。高松へゆけばこれまで知らなかった何かが自分をまっている。ミネの期待はいやがおうにも膨らむ。【著者】壺井栄香川県小豆郡坂手村(現内海町坂手)生まれ。坂手郵便局や役場勤務後、同郷の壺井繁治を頼り1925年に上京。以後東京。1941(昭和16年)『暦』が第4回新潮社文芸賞を受賞。1955(昭和30年)『風』で第7回女流文学者賞を受賞。『母のない子と子のない母と』で第2回芸術選奨文部大臣賞を受賞。1954(昭和29年)映画「二十四の瞳」(木下恵介監督、高峰秀子主演)が公開され、全国的ヒットとなり、小豆島と壺井栄の名が一躍クローズアップされる。
続き・・・



初旅無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


初旅「公式」はコチラから



初旅


>>>初旅の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)初旅評判


BookLive!(ブックライブ)の初旅支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも初旅電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも初旅の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも初旅支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、初旅の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい初旅が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな初旅電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)初旅あるある


バッグの類を持ちたくない男の人にとって、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのは画期的なことなのです。いわばポケット内に入れて本を持ち歩くことができるわけなのです。
連載期間が長い漫画は何十冊と購入することになりますので、最初に無料漫画でチョイ読みするという人が稀ではないようです。やっぱりすぐに買うかどうかを決めるのはハードルが高いのだと言えます。
ネットにある本の通販サイトでは、原則表紙とタイトルにプラスして、ざっくりとした内容しか見えてきません。でもBookLive「初旅」サイトであれば、話が分かる程度まで試し読みで確認することができます。
老眼の為に、目から近いところが見えにくくなってしまったという本が好きな高齢読書家には、スマホ上で電子書籍を読むことができるようになったというのは意義深いことなのです。文字の大きさを読みやすいように調節できるからです。
コミックサイトはいくつもあるので、比較して一番自分に合うと思うものをピックアップすることが大切になります。その為にも、まず第一にそれぞれのサイトの良い所を把握するようにしましょう。



ページの先頭へ