入庵雑記無料試し読みコーナー


流浪の俳人尾崎放哉は90年前、小豆島の島民に看取られその生涯を終えた。今も島に生きる「放哉さん」。「入庵雑記」は放哉が小豆島に来て3ヶ月後に書いたもの、亡くなる半年前1925年と思われる。自由律俳句の俳人放哉が終焉の地、小豆島西光寺の南郷庵に暮らした年月はわずか8ヶ月であった。海が好き、母恋し、しかし放蕩わがままな放哉にとって、暖かく包み込むような島民のお世話を得て、小豆島は放哉最期にふさわしい場所ではなかったか。著名な句「咳をしてもひとり」の放哉はまた随筆の達人であった。メソメソしたところが目につくものの、言葉使いの美しさは絶妙で、やはり放哉ならではである。【目次】島に来るまで海念仏鉦たたき石風灯【著者】尾崎放哉鳥取県鳥取市出身。東京帝国大学(現在の東京大学)法学部を卒業後、東洋生命保険(現:朝日生命)に就職し、大阪支店次長を務めるなど、出世コースを進み、豪奢な生活を送っていたエリートでありながら、突然、それまでの生活を捨て、無所有を信条とする一燈園に住まい、俳句三昧の生活に入る。
続き・・・



入庵雑記無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


入庵雑記「公式」はコチラから



入庵雑記


>>>入庵雑記の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)入庵雑記評判


BookLive!(ブックライブ)の入庵雑記支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも入庵雑記電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも入庵雑記の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも入庵雑記支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、入庵雑記の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい入庵雑記が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな入庵雑記電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)入庵雑記あるある


「漫画の数があまりにも多くて頭を悩ましているから、購入するのを諦める」という事態に陥らないのが、BookLive「入庵雑記」が支持される理由です。いくら購入し続けても、保管のことを考えなくても大丈夫です。
「アニメに関しては、テレビで放映されているものしか見ていない」というのは一昔前の話だと言えそうです。その理由としては、無料アニメ動画をネット経由で見るという形が流行ってきているからです。
売切れになった漫画など、町の本屋では発注してもらわないと購入できない書籍も、BookLive「入庵雑記」の形でいろいろ取り揃えられているため、どこでもダウンロードして読み始められます。
多種多様の本を乱読したいという人からすれば、次から次に買うのは金銭的な負担も大きいものです。ですが読み放題を活用すれば、本の購入代金を安く済ませることもできるというわけです。
漫画の通販ショップでは、原則として作者やタイトル以外、大体の内容しか確かめられません。だけどBookLive「入庵雑記」サイトの場合は、数ページ分を試し読みすることもできるのです。



ページの先頭へ