解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社無料試し読みコーナー


長野県小川村に残る難解地名が縄文時代に名付けられたものと考え、縄文語=アイヌ語で地名の解読を試みた書長野県の北部にある虫倉山という信仰の山。この西山麓にある小川村には多くの難解地名が残っている。小川村には、夷=アイヌ人が長く暮らしていたという江戸時代の農民の記憶を書きとどめた『小川郷昔記録』という古文書が残っている。近年DNAにかかる研究がすすみ、縄文人の系譜はアイヌ人に色濃く伝わっていることが明らかになった。本書は、この難解地名が縄文時代に名付けられたものと考え、縄文語=アイヌ語で地名の解読、あわせて村の遺跡や神社、食べ物、方言を取り上げ、本州最深部にある小川村の古代を探ったものである。【目次】はじめに序章 現代に続く縄文人の系譜第一章 縄文地名の発掘第二章 古い時代から続く十一の村々第三章 歴史「こぼれ話」第四章 特色ある小川村の縄文地名あとがき参考文献【著者】神谷真1943年長野県小川村に生まれる。東京都及び宮内庁を経て神奈川県に勤務。環境衛生課長、産業政策課長、政策調整室長、土木部(現県土部)次長、県立図書館長を歴任し平成15年3月退職。以後、郷土史の研究に没頭、著書に小川村の伝承に着目した『空蝉の旅立ち』や鎌倉権五郎の末裔という伝説を持つ鎌倉家の歴史を追及した『信州鎌倉家の歩み』などを書き上げる。昭和41年法政大学卒業
続き・・・



解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社「公式」はコチラから



解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社


>>>解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社評判


BookLive!(ブックライブ)の解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)解き明かされた、謎の縄文地名 今に残る縄文文化の里・長野県小川村の地名と神社あるある


他の色んなサービスを凌駕して、このように無料電子書籍システムというものが広がり続けている要因としましては、地元の書店が減少し続けているということが挙げられると思います。
いつも持っているスマホに漫画を丸ごとダウンロードすることにすれば、収納場所について気に掛けることがなくなります。先ずは無料コミックからチャレンジしてみると良いでしょう。
コミック本というのは、読んでしまった後にブックオフなどに買取って貰おうとしても、買い取り金額は知れたものですし、再度読みたくなった時に困ります。無料コミックであれば、本をしまっておく場所が不要なので片付けに困ることはありません。
無料コミックなら、買うべきかどうか悩んでいる漫画の一部分を試し読みで確認することが可能なのです。購入する前に中身をそれなりに確認できるので、非常に重宝します。
アニメなしでは生きられない人からしたら、無料アニメ動画というのはすごく先進的なコンテンツです。スマホさえあれば、都合に合わせて楽しむことができるというわけです。



ページの先頭へ