残したい日本の手仕事無料試し読みコーナー


実用性のみならず、見た目の美しさも兼ね備えたMade in Japanはますます進化を遂げ、世界中から注目を集めています。そして、それらのルーツを語るときに欠かせないのが「民藝」というものの存在です。本書は、手仕事フォーラムの代表であり鎌倉の民藝店「もやい工藝」の店主でもあった故・久野恵一さんによって、雑誌『Discover Japan』誌上で7年間にわたり連載された「残したい日本の手仕事」を加筆・修正し、新たな取材記事を加えて編集したものです。日本各地の民藝品を知り尽くした久野さん自らが選んだ、永遠に残したい33の手仕事とそれらに携わる職人の物語。本書を通して、モノづくり大国ニッポンのルーツに触れてください。※デジタル版は、紙の書籍とは内容が一部異なり、表紙画像や目次に掲載している記事、画像、広告、付録が含まれない場合があります。また、本誌掲載の情報は、原則として奥付に表記している発行時のものです。
続き・・・



残したい日本の手仕事無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


残したい日本の手仕事「公式」はコチラから



残したい日本の手仕事


>>>残したい日本の手仕事の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)残したい日本の手仕事評判


BookLive!(ブックライブ)の残したい日本の手仕事支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも残したい日本の手仕事電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも残したい日本の手仕事の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも残したい日本の手仕事支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、残したい日本の手仕事の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい残したい日本の手仕事が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな残したい日本の手仕事電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)残したい日本の手仕事あるある


無料漫画を満喫できるということで、ユーザー数が増加するのは当たり前のことです。本屋とは違って、他人の視線を気にすることなく立ち読みすることができるというのは、電子書籍だからこその利点だと断言できます。
子供の頃に繰り返し読んだ昔ながらの漫画も、BookLive「残したい日本の手仕事」として取り扱われています。店舗販売では取り扱っていない漫画も取り揃えられているのが特長だと言っても過言ではありません。
無料電子書籍をダウンロードしておけば、やることがなくなって時間を無為に過ごしてしまうなどということがほとんどなくなります。シフトの合間や通勤通学時間などでも、十二分に楽しむことができると思います。
売切れになった漫画など、お店では発注をかけてもらわないと手元に届かない書籍も、BookLive「残したい日本の手仕事」という形でたくさん販売されているため、どんな場所でもDLして閲覧できます。
老眼が悪化して、近くの文字がぼやけて見えるようになってきたという読書好きの中高年の人にとりまして、スマホ上で電子書籍を楽しめるようになったというのは、何より有難いことなのです。フォントサイズを自分用に調節できるからです。



ページの先頭へ