思い出の街無料試し読みコーナー


かつて中島梓が運営していたHP、神楽坂倶楽部に2004年3月に1か月に渡り連載されていたエッセイ。 中島梓は神楽坂倶楽部というホームページを運営し、毎朝更新するのを日課にしていました。本書はその神楽坂倶楽部の2004年3月1日から31日まで連載されていたエッセイをまとめたものです。 新婚時代を過ごした赤坂、大学時代を過ごした早稲田、中学・高校時代を過ごした大塚などが、中島梓の個人的な思い出と共に当時の時代を感じさせるエピソードをまじえて生き生きとした筆致でつづられています。【著者】中島梓 1953年、東京に生まれる。1977年、「文学の輪郭」で群像新人賞。1978年「ぼくらの時代」で江戸川乱歩賞受賞。1981年「弦の聖域」で吉川英治文学賞新人賞を受賞。2009年5月没。SF、ファンタジー、ミステリ、評論、エッセイなど多くのジャンルを手掛け、中島梓・栗本薫名義で400冊を越える著作がある。代表作「グイン・サーガ」は2009年12月発売の130巻「見知らぬ明日」で栗本薫名義の刊行は中断、以後五代ゆう、宵野ゆめが続刊を引き継いでいる。
続き・・・



思い出の街無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


思い出の街「公式」はコチラから



思い出の街


>>>思い出の街の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)思い出の街評判


BookLive!(ブックライブ)の思い出の街支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも思い出の街電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも思い出の街の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも思い出の街支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、思い出の街の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい思い出の街が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな思い出の街電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)思い出の街あるある


店頭販売では、本棚のスペースの問題で売り場に並べられる数に制約がありますが、BookLive「思い出の街」ではこんな類の限りがないため、マイナーな書籍もあり、人気を博しているのです。
新刊が出るたびに漫画を購入すると、近い将来片付ける場所がなくなってしまうという問題に直面します。ですが実体を持たないBookLive「思い出の街」なら、収納スペースに悩むことが全くないので、余計な心配をすることなく楽しめるというわけです。
「人目につく場所に置いておきたくない」、「読んでいるんだということをトップシークレットにしておきたい」と思う漫画でも、BookLive「思い出の街」を有効利用すれば周囲の人に知られずに見ることができます。
無料コミックであれば、検討中の漫画の内容を試し読みするということができます。あらかじめ内容をそこそこ確認できるため、とても便利だと言われています。
読み放題プランというシステムは、電子書籍業界でしか実現不可能な間違いなく斬新な試みなのです。ユーザーにとっても出版社側にとっても、メリットが多いと言えるでしょう。



ページの先頭へ