軍隊日記無料試し読みコーナー


黒島伝治の農民もの、シベリアもの、どちらの小説も、古いフィルムを回しながら観る映画のようだ。この『軍隊日記』は姫路聯隊へ入隊するために東京を引き上げる日、すなわち大正八年十一月二十日から書きはじめられ、シベリアへ動員される直前の大正十年四月八日で「除隊の日まで』と題する第一冊がおわり、第二冊目は『星の下を』という題でシベリア時代の日記となり大正十一年七月十一日兵役免除となって帰郷し、さらに翌年の七月九日の日附のところでおわっている。日本文学のなかで軍隊生活に取材した小説は相当あるが、作家の手で書かれた軍隊日記はおそらく黒島伝治の『軍隊日記』が唯一のものではないだろうか。(壺井繁治記)【著者】黒島伝治香川県の小豆郡苗羽村(現在の小豆島町)に生まれる。実業補習学校を卒業して醤油工場に勤務、学資を貯めて上京し早稲田大学予科の選科生となる。このため徴兵猶予の対象とならず1919年には兵役の召集を受け姫路の連隊に在営、シベリア出兵に看護卒として従軍した。この体験が、彼の代表作である『渦巻ける烏の群』『橇』などの〈シベリアもの〉とよばれる日本文学史上稀有な戦争文学として結実することとなる。1922年病を得て小豆島へ帰郷する。
続き・・・



軍隊日記無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


軍隊日記「公式」はコチラから



軍隊日記


>>>軍隊日記の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)軍隊日記評判


BookLive!(ブックライブ)の軍隊日記支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも軍隊日記電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも軍隊日記の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも軍隊日記支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、軍隊日記の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい軍隊日記が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな軍隊日記電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)軍隊日記あるある


毎月の利用額が決まっているサイト、登録の必要なく使えるサイト、個別に購入するサイト、無料で読める作品が多くあるサイトなど、コミックサイトもいろいろと違いが見受けられますので、比較するべきでしょう。
どういった物語なのかが分からない状態で、表紙だけで漫画を選択するのは冒険だと言えます。0円で試し読みができるBookLive「軍隊日記」を利用すれば、ある程度内容を吟味した上で買うことができます。
注目の無料コミックは、スマホやパソコンで読めるのです。外出先、お昼ご飯の休憩時間、クリニックなどでの順番が来るまでの時間など、自由なタイミングで楽々楽しむことが可能です。
BookLive「軍隊日記」が30代・40代に受け入れられているのは、若かったころに何度も読んだ作品を、新鮮な気持ちで容易く読むことができるからだと言えるでしょう。
電子書籍ビジネスには色々な企業が参入しているので、間違いなく比較してから「どの電子書籍を使うのか?」を決めてほしいと思います。多くの書籍を扱っているかとか価格、サービス内容などをチェックすることが肝になるでしょう。



ページの先頭へ