効率10倍アップの勉強法無料試し読みコーナー


 よく「仕事は忙しい人に頼め」といわれる。忙しい人ほど、スケジュールを立て、優先順位をつけて、段取りよく仕事をしているもので、そんな人は、やりくり上手で、頼んだ仕事もこなしてくれるわけだ。 それでは、学生と社会人では、どちらが勉強しているのだろうか?「仕事」という制約がある社会人よりは、「勉強に使える時間そのもの」は、学生のほうが物理的に長いはずです。社会人が「仕事」に費やしている時間帯を、学生は「勉強」に使うことができ、圧倒的に「勉強に使える時間の長さ」は、学生のほうが多い。 では、社会人はどうやって勉強していったらいいのか。そこで限られた時間で、どう効率的な勉強をするのかという学習の質が問われることになることを、松本幸夫氏は指摘する。そして、才能がもともとないからというように、勉強しない言い訳はいくらでもできるが、そんな形で「自分をごまかす」のはもうやめにするべきだとも指摘する。言い訳をやめない限り、車のアクセルを踏みながら、ブレーキを踏むのと同じで、前に進めない。言い訳をせずに集中して勉強しさえすれば、必ずあなたは今よりもずっと勉強がはかどるはずだ。 また、いつ勉強するのが最も効率的かだが、当然「仕事中」には勉強できない。移動時間とか、スキマ時間に勉強するという手はあるが、「まとまった時間」ではないので、集中して、高度な中身を勉強するような時間にはならない。睡眠時間と仕事の時間を羞し引いた、残りの時間で勉強することになる。 また、研修をする時にも、松本氏が痛感することがある。 入社して2、3年目の若い受講生に目標を尋ねると、意外なほど何もない。ところが、30代から40代くらいで、子供は小さいし、家のローンもあるし、仕事も忙しくて「ほとんど時間がとれない」というような社会人のプロの方が、「やりたい事」や目標をしっかりと持っていることが多いのだ。 つまり、「忙しい人ほど、制約の中で、やるべきこと、したいことがわかっている」のだ。 松本氏は、頼もしいなと思うと同時に、制約のある社会人のプロの方が、新入社員よりもヤル気も高いことに驚く。社会人は各種制約のある中でこそヤル気が高まり、学生では考えつかない、できないような勉強法が発達しており、その進化した質の高い勉強法を、本書では伝えていく。 自己投資は、一番効率のいい投資であって、決して裏切られることはない。勉強した努力は裏切らないと強く思う松本氏の勉強法が満載の珠玉の一冊だ。
続き・・・



効率10倍アップの勉強法無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


効率10倍アップの勉強法「公式」はコチラから



効率10倍アップの勉強法


>>>効率10倍アップの勉強法の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)効率10倍アップの勉強法評判


BookLive!(ブックライブ)の効率10倍アップの勉強法支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも効率10倍アップの勉強法電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも効率10倍アップの勉強法の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも効率10倍アップの勉強法支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、効率10倍アップの勉強法の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい効率10倍アップの勉強法が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな効率10倍アップの勉強法電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)効率10倍アップの勉強法あるある


「生活する場所に保管したくない」、「所有していることを隠すべき」と恥じ入る漫画でも、BookLive「効率10倍アップの勉強法」を上手く使えば一緒に暮らしている人に悟られずに読むことができるのです。
欲しい漫画はいっぱいあるけど、購入したとしても収納スペースがないという人もいるようです。だから置き場所を全く考えずに済むBookLive「効率10倍アップの勉強法」を使う人が増えてきているのではないでしょうか。
スマホを利用しているなら、BookLive「効率10倍アップの勉強法」をいつでもどこでも読むことができます。ベッドに横たわりながら、眠たくなるまでのリラックスタイムに閲覧するという人がたくさんいるそうです。
BookLive「効率10倍アップの勉強法」を楽しみたいなら、スマホが役立ちます。PCは重くて持ち歩くことが不可能ですし、タブレットもバスなど人混みの中で閲覧するような場合には適していないと考えられます。
読み終わったあとに「自分が思っていたよりも面白いと思えなかった」という場合でも、一度開封してしまった本は返品することなどできるはずがありません。ところが電子書籍なら試し読みをすることができるので、そうした状況をなくすことができるというわけです。



ページの先頭へ