誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用無料試し読みコーナー


 混迷の時代の中、人は意識しながら、または無意識の中にも、「心の支え」となるものを見出そうとしている。新興宗教であったり、生きる指針であったり、それらを語り、書き、示そうとする者がいる。 松本幸夫氏もライフワークの一つとして、知られざる偉才・巨人を調べることがある。 その中で、松本氏は、「80:20の法則」を生きるヒントとし、ビジネスに、私生活に活用していくことに注目した。 80:20の法則は、イタリアの経済学者パレートの唱えたものであり、本来、経済面で適用されるものである。だが、松本氏は、この法則には私たちの生き方そのものさえも左右してしまうような、思いがけない力があると考えた。つまり、「心の支え」としての80:20の法則というふうにとらえた。 日本に住むわれわれは、春夏秋冬という自然の法則の流れの中で日々生きる。仮にどんなに暖冬だと騒いだとしても、いきなり真夏になるということはない。地球が、自転を過去何億年と同じように繰り返す限り、いや、地球誕生の45億年前と同じように「法則」通りに動いているからには、このリズムは崩れないものだ。 あるいは、実際の地球上で通用しているニュートン力学も、宇宙空間でも通ずるというアインシュタインの相対性理論にしても、「法則」、「自然の理」として、われわれはその枠の中で生きている。 同様にわれわれを動かしているのが、80:20の法則である。経済現象のみならず、われわれのあらゆる生活の局面においても通じることがわかってきた。 近頃は、「それは私の仕事ではありません」といって平然としている若者も多い。しかし、自分のジャンルを広げ、人生勉強のつもりでいたら、すべてチャレンジする対象となるのではないかと松本氏は考える。二十代の時に迷い続けた自分を考えると、「心の支え」を説くことなど、まるで夢のようで、若い読者がもし私の二十代を知ったら、恐らくあきれてしまうだろうと松本氏は謙遜するが、そんな底辺にいたからこそ、今この自分があるのだと松本氏は感謝しながら本書をまとめた。 80:20というのは思いの他、奥が深く、難しいことを分かりやすく伝えることを第一に、この法則をいかに「分かりやすく」説いていくのが本書の特色だ。あくまでもこれは「松本流」の捉え方であり、学問的な内容とは必ずしも合致しない。だが、松本氏が、極めて実践的なことだけは保証する一冊を、ぜひ読んでみてほしい。
続き・・・



誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用「公式」はコチラから



誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用


>>>誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用評判


BookLive!(ブックライブ)の誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用あるある


電子書籍を購入するというのは、オンライン情報を手に入れるということを意味します。サービスの提供が終了してしまいますと利用することが不可能になるので、絶対に比較してから信頼できるサイトを見極めることが大事です。
決まった月極め金額を納めれば、色んな書籍を制限なく閲覧することができるという読み放題プランが電子書籍で大人気です。個別に買わずに読めるのがメリットと言えます。
BookLive「誰にでもすぐできる「80:20の法則」の大活用」のサイトによってまちまちですが、1巻全てのページを無料で試し読みすることが可能というところも見掛けます。1巻を読んでみて、「これは面白いと感じたら、2巻以降の巻を有料にてDLしてください」という販売システムです。
コミックサイトも相当数運営されていますから、比較して使いやすそうなものを見つけ出すことが不可欠です。それを実現する為にも、いの一番にそれぞれのサイトの長所を押さえることが大事です。
「どの業者のサイトを利用して書籍を購入するか?」というのは、考えている以上に大切なことだと思います。価格とかサービスの中身などに差異があるのですから、電子書籍に関しては比較して決定しないとならないと考えています。



ページの先頭へ