頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―無料試し読みコーナー


松本幸夫氏は、能力開発の仕事をしていて、気付いたことがある。それは、全く同じ人間であっても、充分を能力が発揮できる時と、そうでない時があるということだ。体調が悪い時、何か心配事がある時などは、どんなに力のある人でも、十分に実力は出しきれない。「能力開発」や「頭脳強化」というと、どうしても脳の仕組みを考えたり、記憶のプロセスを調べるといったことを思い浮かべる。しかし、頭脳強化というのは、何も頭だけを切り離して考えれぽ良いのではない。われわれの身体は、全体で一つの統一体であり、頭脳もその例外ではないことを知ることが頭脳開発では大切なことであろう。例えば、あなたが体調を崩していたと仮定しよう。普段のあなたに比べたなら、当然、記憶力は落ちるだろうし、良い発想も浮かびにくくなる。「アイデアを出せ」、「もっと良い発想は出ないのか」と周囲に怒鳴ってみても、案外このあたりの基本は忘れられがちだ。つまり、頭脳開発をしていくにあたっては、「体」の調子を整えておくことは欠かせないということだ。それは、頭脳開発における、下準備になる。頭脳は最大限に活用したい。そのためには、準備は欠かせない。あるいは、「体」だけでなくて、「心」も忘れてはならないものだ。例えぽ、心構えも創造性を発揮していくには重大な柱となるものである。真の頭脳開発というのは、頭はもちろんのこと体や心が充分に安定していて、力の出せる状態にならなければならない。本書では、松本氏が、専門としているヨガを柱として、発想力、記憶力、直観力といった頭脳開発に欠かせない脳力の開発法を具体的に述べていく。もちろん、その基本としているのは、頭、体、心、という三つが一体となってバランスのとれた状態をつくるという考え方だ。さらに一歩進めると、いくら頭脳開発をしても、その能力の使い方が間違っていたのでは何にもならない。頭脳開発の究極は、記憶力、発想力、創造力、直観力、判断力、推理力といった各種の能力をどのように活用していくかにある。その意味では、人生目標や生きがいは必要不可欠になる。その実現に向けて、頭脳開発は武器となるのだ。素晴らしいアイデア、企画を次々に生み出す発想力。人の名前や重要な数字もたちどころに覚えてしまう記憶力。決断を迷うことなく常にベストの選択をしていく直観力。本書の実践で、それらは全て可能になる。頭脳はまさに、すばらしいものだ。あなたの夢を実現させてくれる最大の武器である。最高の人生をおくるために、本書を読んで、日々頭脳開発に励んでほしい。
続き・・・



頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―「公式」はコチラから



頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―


>>>頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―評判


BookLive!(ブックライブ)の頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―あるある


ずっと単行本を買っていたといった方も、電子書籍を試してみた途端、利便性に圧倒されるということが多いそうです。コミックサイトも1つや2つではありませんから、面倒くさがらずに比較してから選ぶことが大切です。
放送しているのをリアルタイムで見るのは不可能だとう人でも、無料アニメ動画という形で配信されているものなら、あなた自身の空いている時間を活用して視聴することも叶うのです。
使わないものは処分するというスタンスが少しずつに浸透してきた今日、本も冊子本という形で持つのを避けるために、BookLive「頭脳開発の秘訣―記憶力・創造力・直感力をどう強化するか―」を使用して読破する人が増えつつあります。
常日頃から沢山漫画を購入するという人からすれば、月額料金を払えばいくらでも読み放題という形で閲覧できるというサービスシステムは、それこそ斬新だと評価できるのではないでしょうか?
0円で読める無料漫画をわざわざ並べることで、利用者数を引き上げ売上につなげるのが販売会社サイドの狙いということになりますが、一方の利用者側も試し読みができるので、躊躇なく購入できます。



ページの先頭へ