記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―無料試し読みコーナー


 人間は、ある意味で「記憶」の蓄積した生き物だといえよう。もし、過去のことを一切覚えていなかったら、社会生活を営めないだろう。 世の中に記憶力不足に悩む人は多い。「最近、ど忘れすることが多くなった」、「試験に必要なことが覚えられない」、「覚えてもすぐに忘れてしまう」など、老若男女を問わず共通した問題だ。「もっと記憶力を向上させたい」という願いは切実だ。 そこで本書では、記憶力向上のための基本を、記銘、保持、想起という三つの流れから考えてみた。つまり同じ記憶力であっても、覚えられないというのと、想い出せないというのでは、流れの位置が異なるものだ。 ビジネスマンは、時間不足に慢性的に悩まされている。記憶力を強化したくても、そんな時間がないという嘆きも多く聞かれる。多忙な人々のために、いつでも、どこでもできるのが本物の記憶力強化法だという信念のもとに、「通勤電車でできる記憶力強化法」を紹介している。特別な時間を費やすことなく、いつのまにか記憶力が向上してしまうことに驚かれるだろう。  日に10万個近くが死滅していくといわれる脳細胞。人間の寿命と同様に、限りある資源でもあるわけだ。そんな大切な、21世紀に向けての貴重な資源を、最大限に活用してもらいたい。また、「記憶術」というと、いかにして記憶するかのテクニックである、とばかり考えがちである。確かに、記憶することは記憶術の要であるが、それだけではない。つまり、「覚える」というだけでは、本当の記憶術にはならないというのが松本幸夫氏の持論だ。だから、一口に記憶するといっても、記憶の流れについては最低限理解しておくことが欠かせない。 記銘については、巷間、記憶術のテクニックが説かれている。しかし、本書では、まず「何のために記憶するか」を考えている点が他と異なる。それがないと、無目的にいたずらに量を覚えよう、競争しようという方向に向かってしまう。次に、人間の成長を考えている。今までできなかったことが、訓練によってできた。その時の喜びは子供の頃の自転車乗りとも共通している。記憶力が強化されると、自信がつき人間的にも成長していく。 そして最大のポイントは、人間が記憶するのであって、私たちは記憶力マシーンではないということだ。当然そこには、感情もあるし体験も含まねばならない。人間性をも加味した真の記憶力を、本書によって、一人でも多くの人に身につけて欲しい。
続き・・・



記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―「公式」はコチラから



記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―


>>>記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―評判


BookLive!(ブックライブ)の記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―あるある


スマホ上で読む電子書籍は、嬉しいことにフォントサイズを変更することもできますから、老眼の為に読書を諦めていたご高齢の方でも、十分楽しむことができるというメリットがあると言えます。
一昔前に読みふけった懐かしさを感じる漫画も、BookLive「記憶力強化書―通勤、通学電車の中でもできる記憶術―」という形で閲覧できます。小さな本屋では買うことができないようなタイトルも数多くあるのが凄いところです。
話題のアニメ動画は若者のみに向けたものだと考えるのは間違いです。中高年が見ても思わず唸ってしまうようなストーリーで、荘厳なメッセージ性を秘めた作品も少なくありません。
連載期間が長い漫画は何冊もまとめて購入しないといけませんので、先に無料漫画で少しだけ読んでみるという人がほとんどです。やはり表紙だけみて装丁買いするというのはかなり難儀だということです。
毎月定額を払ってしまえば、各種の書籍を何冊でも閲覧できるという読み放題プランが電子書籍で評判となっています。その都度支払いをせずに済むのが最大のメリットです。



ページの先頭へ