中村天風の教え無料試し読みコーナー


天風哲学の実践者は、すでに100万人を超えているといわれている。天風哲学は、約50年もの間、中村天風師によって説き続けられた。 大正8年、天風師は、複数の会社の社長などそれまでに得ていた社会的地位を全て投げ捨てて、大道説法を始めた。この教えには「人生は二度も三度もないのだから、何があろうとも積極的に生き抜け!」という精神が流れている。そして積極的というのは、どんな場合にも「心を尊く、強く、正しく、清くもつこと」だと説いた。 天風師は、インドのヨーガを探究し、「大自然の持つ偉大な力は、自分にも脈脈として流れている」という宇宙と自分との一体感を得た。大宇宙(梵)と小宇宙(我)との一体感は、インド哲学でいうところの「梵我一如」である。人間の頭で考えた知識、教えにはどうしても限界がある。ところが万物を生成したような「大自然」、「宇宙」、「気」といった人智を超えた力は、本来無限のものだ。そして、天風哲学の土台にあるのは、人生のあらゆる場でこの無限の力を活かすということなのである。「疲れ切っている」現代人達は、自分の力不足を実感し、「もっと力が欲しい」と望んでいる。天風哲学は、その力をどのようにしたら量多く取り入れられるかを説く。また、われわれはこの力の結晶であるともいう。そればかりではなく、日常の心得、家庭生活、対人関係というように生活を送るうえでの「基本」についても説いている。例えば、信念というと、力が体中にあふれて、何でも打ち負かしてみせるというような状態を思いがちだ。しかし、ここでいう信念とは「絶対的」なもので、肩の力が抜けた平常心である。本当の信念とは、安定した心の状態、とらわれない心のことだと天風師は教えてくれる 。幸いなことに、天風師自身の語った言葉は、貴重な資料として残されている。そこには、教科書的な教えとは一味違った「趣」が感じられる。口にする一言一句が、すべて殊玉の名言になっていく。これは、哲人天風師の大きな魅力であろう。 その語り口調は、ただの説教調ではなくて「べらんめえ」口調であったり、時には聴き手を叱り、また時にはしんみりと語りかけてきたりとさまざまであったが、そのさりげない一言が思いの他、深い人生真理を気付かせるきっかけになっていく。 本書では、天風師自身の「肉声」が読者に伝わるように、語り口調を混じえながら数々の「名言」を紹介していく。天風師の価値高い教えは、今もなお不滅である。その「生命」をここに名言の形でよみがえらせ、さらに一人でも多くの人に天風哲学を知らしめ、積極的に人生を生き抜く指針としてほしい。
続き・・・



中村天風の教え無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


中村天風の教え「公式」はコチラから



中村天風の教え


>>>中村天風の教えの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)中村天風の教え評判


BookLive!(ブックライブ)の中村天風の教え支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも中村天風の教え電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも中村天風の教えの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも中村天風の教え支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、中村天風の教えの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい中村天風の教えが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな中村天風の教え電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)中村天風の教えあるある


電子書籍を買い求めるというのは、ネット上で文字やイラストなどの情報を得るということを意味します。サービス提供が終了してしまえば利用できなくなってしまいますから、必ず比較してから信用度の高いサイトを選択したいものです。
BookLive「中村天風の教え」のサイトにもよりますが、1巻全部を料金請求なしで試し読みできるというところも若干あります。1巻を読破して、「面白いと感じたのであれば、残りの巻を買い求めてください」という営業戦略です。
無料漫画に関しては、書店での立ち読みに近いものだと言えます。内容がどうなのかを適度に把握した上でゲットできるのでユーザーも安心です。
趣味が漫画という人からすると、手元に置いておける単行本は大事だということは認識していますが、手軽に楽しみたいという人であれば、スマホ経由で読めるBookLive「中村天風の教え」の方が断然便利だと言えます。
スマホやパソコンに漫画を全部収納すれば、保管場所を気にする必要がありません。一度無料コミックからトライしてみると便利さが分かるでしょう。



ページの先頭へ