「理想の自分」に出会う本無料試し読みコーナー


「汝自身を知れ」というのは、古来、哲学者の大命題となってきたものである。人類は、月面にまでその足跡をのこし、科学文明は、なおも発達を続け、インターネットに見られるような全く新しい「文明の波」に乗りつつある。 すでにアルビン・トフラーが説いたように、私たちは情報化社会になるほどに「ヒューマン・タッチ」が求められるという。つまり、「人間」そのものは、いつの時代にあっても、欠かせない。ロボット、コンピュータは主役にはならないだろう、と松本幸夫氏は指摘する。 松本氏は、企業で研修していると、人間関係をどうしていいかわからないという人が増えていることに気づく。例えば、隣席の同僚にメールを送る。相手もそれに対して、メールで返してくる。一言声をかければすむことが、すべてパソコンが代替してしまう。 社内ならそれですんでも会社から外へ出たら、今度はあいさつ一つできなくなってしまう。あるいは、一日中工場の制御盤の画面を見るだけという人もいる。やはり、会社から出て実際の人との接し方が、おかしくなってきてしまう。 周りを見ると、「便利だから」ということで、ずいぶんと省人化されているのがわかる。便利な反面、人は、人との接し方を忘れてしまってないか。あるいは、自分のあり方さえも。 あまりにも私たちは、「効率」のみを追い求め、「外」にばかり発達していこうと努力の方向を向けてきた。 その反省の意味で、内への旅、自分自身にもっと目を向けてみてはどうだろう。そして、自分という人間を知ることによって、他の人も知ることができることに気付いてもらいたい。その希望のもとに本書は存在する。 何かになろう、と努力することは尊いだろう。しかし、ただありのままに、自分としてそこに「ある」ということも貴重である。そして、他人と性格が一致することなどはないという事実をしっかりと受け入れることである。「自分と他人は別」という意識を持つことだ。その上で、「理解していこう」と努める以外に、他人とうまくやっていく方法はない。 また、「相手の立場に立つ」というのも同じようなことで、100%相手の立場に立つことなどできない。 成長していこうと「なる」ことばかりしてきた日本人は、この辺で自分の存在自体に目を向けるべきではないか。 一時の「哲学ブーム」は、決して一過性のものではない。そこには、もっと内に目を向けなくては、自分を見失っていないか、という本当の自己を探りたいという現代人の魂の叫びが見られる。果たして、われわれは自分を本当に知っているのだろうか。ぜひ本書で確かめてほしい。
続き・・・



「理想の自分」に出会う本無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


「理想の自分」に出会う本「公式」はコチラから



「理想の自分」に出会う本


>>>「理想の自分」に出会う本の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「理想の自分」に出会う本評判


BookLive!(ブックライブ)の「理想の自分」に出会う本支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも「理想の自分」に出会う本電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも「理想の自分」に出会う本の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも「理想の自分」に出会う本支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、「理想の自分」に出会う本の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい「理想の自分」に出会う本が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな「理想の自分」に出会う本電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)「理想の自分」に出会う本あるある


ここのところスマホを通じて堪能することができる趣味も、一層多様化が進んでいると言っていいでしょう。無料アニメ動画を始め、無料電子書籍やスマホで楽しめるゲームなど、様々なコンテンツの中からチョイスできます。
BookLive「「理想の自分」に出会う本」のサイト次第では、1巻丸々料金不要で試し読み可能というところもいくつかあります。1巻は無料にして、「楽しかったら、その続きをお金を支払って買ってください」という戦略です。
欲しい漫画はいっぱいあるけど、買ったとしても収納する場所がないという人が増えているようです。だからこそ、収納箇所の心配などしなくても良いBookLive「「理想の自分」に出会う本」の口コミ人気が高まってきたのです。
無料漫画につきましては、本屋での立ち読みと同じだと言えます。ストーリーをそこそこ確かめた上で入手できるので、利用者も安心できるのではないでしょうか。
一言で無料コミックと言われても、取り揃えられているジャンルは幅広いものがあります。子供向けから大人向けまでありますから、気に入る漫画がきっとあるでしょう。



ページの先頭へ