毒親からの完全解放無料試し読みコーナー


◎テレビ朝日「情報満載ライブショー・モーニングバード! 」出演!*11月26日*◎TBS「私のどこがイケないの?」出演!*12月22日* ◎NHK「あさイチ」出演!*12月27日*◎日本テレビ「あのニュースで得する人損する人」出演予定!各TV番組出演で人気急上昇中の毒親専門カウンセラーが教える、毒親の「棘」を100%抜き去る7つのステップとは?マイナス思考・心のモヤモヤ・うまくいかない人間関係……。生きづらさの原因の9割は親との関係にあった!「親」が苦しいすべての子どもたちへ、本書を捧げます。近年、子どもに悪影響を与える親が「毒親」としてクローズアップされています。生命の危機に関わる悪影響を与える親が増加し、ますます「虐待社会」となりつつある現在。駅の構内で、小さな娘に蹴りを見舞う母親。小学生の息子を放置し、餓死させる父親。すべての根幹は、子どもを自分の思い通りにしようとする親の歪んだ心にあります。■ネグレクト(放置)の棘■過干渉の棘■精神的虐待の棘■肉体的虐待の棘■性的暴力の棘そして、「サイコパス」(精神病質)という最恐の猛毒を持つ親。そんな母と裁判で経て決別した「毒親サバイバー」である著者が贈る、あらゆる親の「トゲ」を抜き去る方法をお教えします。本書を読み終えたあなたには、きっと自分の人生の新しい一歩を踏み出す勇気が身についているはずです。 本書は、現在もなお毒母の記憶と戦い続ける女優・遠野なぎこさんからの推薦を頂きました。80字の依頼に対し、遠野さんは444字もの切なるメッセ―ジを寄せてくださいました。以下にその文章を掲載します。一人でも多くの方が、遠野さんのメッセージによって「親から逃げる勇気」の種を育てていかれることを、切に願います。決して屈してはならない、理不尽極まりない全ての親達の“罪”と“罰”。どこまでも無垢で柔らかい心を持った幼い子ども達にとって、『絶対的な存在』でなければならない筈の大人が『毒を持つ親』であったという悲劇。これは決して“特別”でも“特殊”な事でもなく、あなた自身…そして、あなたのすぐ隣で起きている現実なのです。『親を捨ててもいい』『親から逃げてもいい』…現代の社会では眉をひそめられ、批判を受ける可能性が多いにある言葉たちがこの本の中には大きな勇気を持って綴られ、痛みを持ち続ける私たちの心を優しく認め溶かしてくれています。…私自身も実の親から肉体的、精神的虐待を受け育った『毒親被害者』の一人です。読了後、この本の中で叫ばれている力強い言葉達を再度胸に刻み…“親批判を批判する世間の目”と闘い生きていきたいと、深く心に誓いました。全ては、『本当の自分の人生』を取り戻すために…。そして、幸運にも自分自身が親になる日が訪れた時…柔らかく、温かく、愛しい我が子に決して同じ過ちを繰り返さぬために…。
続き・・・



毒親からの完全解放無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


毒親からの完全解放「公式」はコチラから



毒親からの完全解放


>>>毒親からの完全解放の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)毒親からの完全解放評判


BookLive!(ブックライブ)の毒親からの完全解放支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも毒親からの完全解放電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも毒親からの完全解放の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも毒親からの完全解放支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、毒親からの完全解放の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい毒親からの完全解放が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな毒親からの完全解放電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)毒親からの完全解放あるある


昨今はスマホを利用して楽しめるアプリも、更に多様化が顕著になっていると言えます。無料アニメ動画を始め、無料電子書籍や手軽にプレイできるスマホゲームなど、沢山のサービスの中からチョイスできます。
無料漫画と言いますのは、書店での立ち読みと一緒だと言って間違いありません。中身を一定程度把握してから購入できるので、利用者も不安感を抱くことが少なくなるはずです。
これまでは単行本を購読していたといった人も、電子書籍を利用し出した途端、便利さに感動するということがほとんどです。コミックサイトもたくさん見られますから、しっかり比較してからチョイスした方が賢明です。
コミックサイトの一番のアピールポイントは、取扱い冊数が普通の本屋とは比較にならないくらい多いということだと考えます。売れ残る心配がいらないので、膨大なタイトルを置くことができるのです。
マンガは電子書籍で買うという人が増加しつつあるようです。持ち運ぶことも要されませんし、本を並べる場所も必要ないというのが大きな理由です。それに無料コミックもあるので、試し読みも余裕です。



ページの先頭へ