「ママ、ママ」無料試し読みコーナー


その切実さを成就させるために、彼女には現実とは別の形式が必要だった人は、自らの生い立ちを選ぶことはできない。空手のインストラクターを務めるようなしなやかな肢体を持った20代の美しい女性に成長しようとも、信じて疑わなかった人から「実はあなたの生みの親ではない」と、ある日、告げられるような事態にも遭遇する。では、彼女を生んだ人は今、どこにいるのだろう?それは「ママ、ママ」という呼びかけが正当に機能する場所であり、その場所は、努力の末に彼女が自力で手に入れたものなのである。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



「ママ、ママ」無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


「ママ、ママ」「公式」はコチラから



「ママ、ママ」


>>>「ママ、ママ」の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「ママ、ママ」評判


BookLive!(ブックライブ)の「ママ、ママ」支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも「ママ、ママ」電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも「ママ、ママ」の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも「ママ、ママ」支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、「ママ、ママ」の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい「ママ、ママ」が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな「ママ、ママ」電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)「ママ、ママ」あるある


電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が進出していますから、しっかりと比較してから「どの電子書籍を選択するのか?」を決めるようにしてください。扱っている本の数や使いやすさ、料金などを比べてみるとうまく行くでしょう。
「スマホの小さな画面では読みづらくないのか?」とおっしゃる人も見受けられますが、実体験でBookLive「「ママ、ママ」」を購入しスマホで読んでみれば、その使用感にびっくりするようです。
BookLive「「ママ、ママ」」のサイトによって異なりますが、1巻のすべてを0円で試し読みできるというところも存在します。取り敢えず1巻のみ試し読みしてもらって「楽しかったら、2巻以降の巻を買い求めてください」という仕組みです。
固定の月額費用を納めれば、諸々の書籍を好きなだけ読むことができるという読み放題サービスが電子書籍で大人気です。個別に購入せずに読めるのが一番のポイントです。
使わないものは処分するという考え方が数多くの人に賛同されるようになった近年、漫画本も印刷物として所有することなく、BookLive「「ママ、ママ」」経由で読破する人が急増しています。



ページの先頭へ