ひと目だけでも無料試し読みコーナー


ひと目どころか、もしや再会も・・・ライターのような仕事をしている男。仕事の過程で様々な人々と出会い、そこに仕事とは別種の感情が入ることもあるはずだ。対象は、1人のストリッパー。この小説が書かれた時点ではその言葉はなかったはずだが「ストーカー」と呼ばれかねない情熱で男は自分にとって完璧な女性像を体現している1人のストリッパーを探しあてる。男にも女にも、そのストレートなふるまいと同時に「ストーカー」にはありえない、ある種のつつましさがある。2人の行く末を、読者は幸福な予感とともに推測しながら読み終えることだろう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



ひと目だけでも無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


ひと目だけでも「公式」はコチラから



ひと目だけでも


>>>ひと目だけでもの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ひと目だけでも評判


BookLive!(ブックライブ)のひと目だけでも支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもひと目だけでも電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもひと目だけでもの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもひと目だけでも支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、ひと目だけでもの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいひと目だけでもが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなひと目だけでも電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)ひと目だけでもあるある


コミックサイトは山ほどあります。それらのサイトを可能な限り比較して、自分に合ったものを選定するようにしていただきたいです。そうすれば失敗するということがなくなります。
常に持ち歩くスマホに漫画を全て保管すれば、片付け場所について気にすることがなくなります。最初は無料コミックからチャレンジしてみてはどうですか?
競合サービスに負けることなく、このように無料電子書籍というシステムが普及している理由としましては、普通の本屋が少なくなっているということが想定されます。
電子書籍を買うというのは、ネットを介して情報を取得することを意味するわけです。サービスが停止してしまったら利用できなくなるのは必至なので、とにかく比較してから安心のサイトを選択しましょう。
BookLive「ひと目だけでも」が大人世代に高評価を得ているのは、幼いときに反復して読んだ漫画を、新鮮な気持ちで気軽に読むことが可能であるからだと言えます。



ページの先頭へ