もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン無料試し読みコーナー


★ 憧れのハーバルライフを美味しく、やさしく、もっと自分らしく ★ 定番の使い方の一歩先へ* 忙しい日の食卓を豊かにするつくりおき常備レシピ* おもてなしにもぴったりのハーブティーやドリンク* テーブル周りやバスタイムにそのまま飾って小物にして監修 諏訪晴美(すわ はるみ)ハーバルライフデザイナー Atelier Yukiyanagi 主宰フレッシュハーブで入れたハーブティーを外を眺めながらいただくのは都会で暮らす私にとって何よりも贅沢な時間です。プランターにハーブを植えれば、いつでも摘みたてのハーブティーを味わえます。ハーブティーは数千年もの間、人間が健康でいるために必要としてきたものです。私も毎日の料理に、デザートに、バスタイムに活用しています。そして食卓にもハーブを飾りながら、家族の心と体の健康を祈り、笑顔を絶やさない自分でいたいと思っています。この本には、ハーブの使い方のヒントをたくさん詰め込みました。みなさまの暮らしに少しでもハーブの香りがお役に立てれば嬉しいです。■ Contents ■◆ CHAPTER1 ハーブを料理に活用しようハーブ料理の基本Topics1 とりあえずの一品になるクリームチーズのディップ・・・Topics17 そのまま食べてもソテーしても美味しいハーブバターハーブの作りおき料理について/伝統料理に学ぶTopics18 ドリアやピザにアレンジできるラタトゥイユ・・・Topics23 そのまま食べても刻んで和えても美味しいピクルスSpecial Topics 私の愛用品◆ CHAPTER2 ハーブのドリンクやスイーツを作りましょうハーブティーの入れ方の基本Topics24 デザート作りもかんたん! フルーツのハーブ・・・Topics31 彩りもきれいな花のハーブワインSpecial Topics 私の好きなハーブティー◆ CHAPTER3 お家の中でもハーブを楽しみましょうTopics32 ハーブと花で癒されるかんたんハーブバスTopics40 パウダールームに香るフラワーアレンジコンテナガーデンを作ってハーブを摘める毎日へ Topics41ペイント&デコパージュでプラ鉢をハーブ柄にリメイク・・・ Topics44 いつまでも変わらない香りを …etc.
続き・・・



もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン「公式」はコチラから



もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン


>>>もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン評判


BookLive!(ブックライブ)のもっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでももっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでももっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでももっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいもっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなもっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスンあるある


新刊が出るたびに書店に行くのは面倒臭いです。とは言え、全巻まとめて買うのは内容に不満が残った時の金銭的・心理的ダメージが大きいでしょう。BookLive「もっと暮らしに 毎日のハーブ 使いこなしレッスン」は1冊ずつ購入できるので、その点安心です。
単純に無料コミックと言われても、買い求めることができるカテゴリーは多岐に及びます。アダルト系なども含めた様々な漫画があるので、あなたが読みたい漫画を間違いなく見つけ出せるはずです。
購入してしまってから「想定よりもありふれた内容だった」ということがあっても、購入した本は返品できません。しかしながら電子書籍なら試し読みをすることが可能ですので、こうした状況を防ぐことができるのです。
本離れが叫ばれる中、電子書籍は新たな仕組みを提案することにより、新たな顧客を右肩上がりに増やしています。今までになかった読み放題という売り方が起爆剤になったのです。
漫画を買う時は必ず電子書籍を利用するという人が着実に増えています。持ち運ぶなんて不要ですし、本を片付ける場所も必要ないというのが大きな理由です。もっと言えば、無料コミックもいくつかあるから、試し読みが可能です。



ページの先頭へ