本音のコラム無料試し読みコーナー


栗本薫の筆名で知られる中島梓が2005/10/7から翌9/29に渡って東京新聞に連載したコラムを収録栗本薫の筆名で知られる中島梓が、2005年10月7日から翌年9月29日に渡って東京新聞に連載した53篇のコラムを収録。警官に注意されて逆上し尻を露出して逮捕された事件を取り上げた「尻出しおじさん」、10年前に「死ね」という言葉を安易に使う風潮を憂えた「『死ね!』という罵言」、被害者の個人情報まで興味本位に晒してしまうニュース報道に疑問を呈した「被害者の人権」、衣替えの時期の理不尽さについて語る「太陰暦の衣替え」など、当時の世相や日常の些末事までを硬軟取りまぜてユニークな視点から評した書。【著者】中島梓1953年東京生まれ、2009年に病没。1977年に群像新人文学賞評論部門を、1978年に江戸川乱歩賞を受賞して文壇デビュー。小説は栗本薫名義で、評論などその他の活動は中島梓名義で発表する。正伝130巻、外伝21巻のグイン・サーガ・シリーズ始め、400点を越える著作が刊行された。
続き・・・



本音のコラム無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


本音のコラム「公式」はコチラから



本音のコラム


>>>本音のコラムの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)本音のコラム評判


BookLive!(ブックライブ)の本音のコラム支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも本音のコラム電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも本音のコラムの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも本音のコラム支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、本音のコラムの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい本音のコラムが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな本音のコラム電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)本音のコラムあるある


老眼が進んだために、近いところが見えにくい状態になったという本が好きな高齢読書家には、スマホで電子書籍が読めるようになったというのは意義深いことなのです。フォントの大きさを自分に合わせられるからです。
月額が決まっているサイト、個人情報の登録がいらないサイト、1冊毎売っているサイト、0円の本が多くあるサイトなど、コミックサイトも何かと違いがあるので比較検討すべきだと思います。
スマホ上で読む電子書籍は、一般的な書籍とは異なりフォントの大きさを調整することが可能なので、老眼に悩む中高年の方でもスラスラ読めるという特長があると言えます。
コミックサイトもいっぱい運営されていますので、比較して自分自身に合うものを見定めることが大事になってきます。ということなので、とにかくそれぞれのサイトの特徴を把握することが大事です。
徹底的に比較してから、最適なコミックサイトを決めるという人が多くなっています。ネットで漫画を堪能してみたいのなら、諸々のサイトの中から自分のニーズを満足してくれるものを選択することが大切なのです。



ページの先頭へ