VRコンテンツ開発ガイド 2017無料試し読みコーナー


【VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅した一冊!】VRコンテンツ開発の最先端ノウハウを網羅! 現在のVR事情を深いところまで押さえて活用できる、テクニカルバイブルが登場! VRアトラクションの雄、ハシラスCTO「古林克臣」、ガンナーオブドラグーンで受賞多数の「野生の男」、パノラマ動画案件を多く手掛ける「izm」、WebVRの先駆者「比留間和也」、VR周辺に詳しい「西川善司」。5名の強力執筆陣による、濃く深い情報が手に入る一冊です!〈著者について〉西川善司(トライゼット)テクニカルジャーナリスト。高校時代からパソコン誌へのプログラムの寄稿、商業ゲームソフトの移植業務を受託。その後、日立製作所を経て記者業務に転向。ゲーム開発技術以外に、映像技術、自動車技術にもフォーカスした取材を行っている。株式会社ハシラス 最高技術責任者/CTO古林克臣Unity・UE4エンジニア。CTOを務めるVRコンテンツ制作会社のハシラスでは、主にHTC Viveを使用したVRアトラクションを制作。「ソロモン・カーペット」や「Hashilus」新バージョンなどの制作に関わる。また、「フレームシンセシス」という個人活動名でも多数のVRコンテンツを制作し、VR体験会などで精力的に作品の出展を行っている。Hydrangea野生の男同人ゲームサークルHydrangeaを2013年に立ち上げ、同年のコミックマーケットにて日本初のフルVRゲーム「Perilous Dimension(現BLAST BUSTER)」を展示・頒布。2014年には「BLAST BUSTER」が窓の杜ゲーム大賞を受賞。2016年にBitSummit 4th、Unity VR Expo AKIBAで第2作目「The Gunner of Dragoon」がアワードを受賞。本職は2015年までVRどころかゲームと関係のないソフトウェア開発会社に島根県で勤務していたが、2016年から上京しゲーム会社にてVRエンジニアを務める。フォージビジョン株式会社VR事業部 リードエンジニアizm愛知の製造業の会社でR&Dエンジニアとして勤務しながら、趣味のVRコンテンツ開発を数年行う。2016年1月よりVRに関われる現職のフォージビジョン株式会社に転職。現在はOculus Rift、HTCVive、PlayStation VR向けVRコンテンツ開発を主業務としている。座間味ロケットジャンプを始めとして、パノラマ動画コンテンツを複数手がけている。比留間和也VRエンジニア/Unityエンジニア。Webエンジニア、iOSエンジニアを経験したのち、趣味のVRコンテンツ開発が高じてVR開発をメインとした活動を開始。現在はOculus Rift、HTCVive向けVRコンテンツ開発を主業務としている。VRコンテンツはゲームを主体とし、ニコニコ生放送などで利用される「複数参加型」のものを多く開発中。
続き・・・



VRコンテンツ開発ガイド 2017無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


VRコンテンツ開発ガイド 2017「公式」はコチラから



VRコンテンツ開発ガイド 2017


>>>VRコンテンツ開発ガイド 2017の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)VRコンテンツ開発ガイド 2017評判


BookLive!(ブックライブ)のVRコンテンツ開発ガイド 2017支払い方法は数多く用意されていて、TポイントでもVRコンテンツ開発ガイド 2017電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもVRコンテンツ開発ガイド 2017の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもVRコンテンツ開発ガイド 2017支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、VRコンテンツ開発ガイド 2017の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいVRコンテンツ開発ガイド 2017が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなVRコンテンツ開発ガイド 2017電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)VRコンテンツ開発ガイド 2017あるある


1冊ごとに書店で買い求めるのは面倒臭いです。そうは言っても、一気買いは退屈な内容だったときの心理的ダメージが大きすぎます。BookLive「VRコンテンツ開発ガイド 2017」は欲しい分だけ買えるので、失敗する確率も低いと言えます。
無料電子書籍を利用するようにすれば、手間暇かけて販売店まで訪ねて行って立ち読みであらすじを確認する手間は一切なくなります。こういったことをせずとも、「試し読み」で中身のリサーチができてしまうからです。
漫画を買ってまで読むという人の数は、だいぶ前から縮減している状態なのです。定番と言われている販売戦略に固執せず、積極的に無料漫画などを提供することで、新規ユーザー数の増大を目論んでいるのです。
近頃、電子書籍業界では画期的な「読み放題」というプランが誕生し人気を博しています。1冊いくらではなくて、月額いくらという料金方式を採っているわけです。
スマホやタブレットで電子書籍を購入すれば、会社への通勤中やコーヒータイムなど、場所に縛られることなく楽しむことが可能だということです。立ち読みもできてしまうので、本屋に行くなどという必要性がありません。



ページの先頭へ