あの影を愛した無料試し読みコーナー


「今日の私は聞き役です」長篇小説の中心にいるのは美佐子という女性。中心、というのは登場の頻度が最も高く、彼女の視点が基本のトーンになっている、ということで実は美佐子がこの小説の中では最も静かな存在である。彼女は多くの人と会い、ほとんどの場合、聞き手に回る。彼女ほど話しやすく、聡明で、気持ちの良い相手はいない。そうして人の話をすべて親身になって聞きながら彼女は時折、プールに入って泳ぎ、コーヒーを飲み、手紙を書く。光のあたったプールにできるのは自分の影。影はいつだって冷静で、その影を彼女は愛している。【目次】一章 プールに降る雨二章 素足で小川をわたる三章 一杯のコーヒーから四章 花嫁が語る、花嫁の父も語る五章 私は潮騒からはじまった六章 自分の花をみつけた七章 神の子はすべてリズム八章 あの影を愛した【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



あの影を愛した無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


あの影を愛した「公式」はコチラから



あの影を愛した


>>>あの影を愛したの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)あの影を愛した評判


BookLive!(ブックライブ)のあの影を愛した支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもあの影を愛した電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもあの影を愛したの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもあの影を愛した支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、あの影を愛したの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいあの影を愛したが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなあの影を愛した電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)あの影を愛したあるある


物語の世界を満喫するのは、日々のストレス発散にめちゃくちゃ効果的です。複雑怪奇なテーマよりも、単純で分かりやすい無料アニメ動画などの方が有効だと言えます。
たくさんの人が無料アニメ動画を視聴しています。隙間時間とか移動途中の時間などに、楽々スマホで視聴することができるというのは有り難いですね。
「あれこれ比較せずに決定した」といった方は、無料電子書籍はどこも変わらないという思いを持っているのかもしれないですが、サービスの詳細に関しては会社によってまちまちですから、比較してみることは肝要だと言えます。
BookLive「あの影を愛した」のサービス内容次第ですが、1巻丸々フリーで試し読みできるというところもあるのです。まずは1巻だけ読んでみて、「楽しかったら、その先の巻をお金を支払って買ってください」という販売促進戦略です。
幅広い本を多く読みたいというビブリオマニアにとって、沢山買い求めるのは金銭的ダメージが大きいものだと考えます。ところが読み放題だったら、利用料を抑制することが可能です。



ページの先頭へ