記念写真無料試し読みコーナー


同意なき記念写真偶然地下鉄に乗り合わせた男女が久しぶりだからちょっと飲もう、ということになる。よくある場面だ。そして6軒もハシゴして女のほうが酔いつぶれそうになっている。男は女を支えながら部屋まで送っていく。女は寝てしまう。そこで男はその日、景品で当たったインスタント・カメラをたまたま今、自分が持っていることに思い至る。酔いつぶれた女が目の前に横たわり、そこにカメラがある時、男はどうするのか。片岡義男はそれをどう書いているのか。さあ、今からそれを読んでみよう。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



記念写真無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


記念写真「公式」はコチラから



記念写真


>>>記念写真の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)記念写真評判


BookLive!(ブックライブ)の記念写真支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも記念写真電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも記念写真の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも記念写真支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、記念写真の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい記念写真が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな記念写真電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)記念写真あるある


仕事の移動中などの空いている時間に、無料漫画をちょっとだけ読んで好きな作品を見つけてさえおけば、土曜日や日曜日などの時間が空いたときに買って続きをエンジョイすることが可能です。
書籍の販売低迷が製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は今までにない仕組みを提案することによって、購読者数を増やしているのです今までになかった読み放題という利用の仕方がそれを現実化したのです。
多くの書店では、展示スペースの関係で取り扱える漫画の数に制限が発生しますが、BookLive「記念写真」ならそんな制限がないため、アングラなタイトルも取り扱えるというわけです。
漫画が何より好きなのを内緒にしておきたいと言う人が、昨今増加しているらしいです。マイホームに漫画の置き場所がないというような方でも、BookLive「記念写真」越しであれば他の人に内緒で漫画が読みたい放題です。
BookLive「記念写真」が大人に評判が良いのは、小さかった頃に反復して読んだ漫画を、新鮮な気持ちで手っ取り早く閲覧できるからに違いありません。



ページの先頭へ