雨のなかの日時計無料試し読みコーナー


父親であることを知らなくても、父親は父親再会がある。二つの再会だ。最初に男同士の再会があり、そこである疑問が浮かびそのことの確認も含め、2度目は男と女の再会がある。そこで明らかになったこと。それは子供の存在であり、そのことを自分が知らせてもらえなかったことであり、さらにジェンダーもからみ、ニューヨークと日本の差もあり、そして何より、彼女の生き方のことがある。ケンカや怒号や訴訟があってもおかしくない場面だろう。しかし片岡義男の小説でそれはありえない。代わりにそこにあるのは……そう。雨のなかの日時計だ。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



雨のなかの日時計無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


雨のなかの日時計「公式」はコチラから



雨のなかの日時計


>>>雨のなかの日時計の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)雨のなかの日時計評判


BookLive!(ブックライブ)の雨のなかの日時計支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも雨のなかの日時計電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも雨のなかの日時計の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも雨のなかの日時計支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、雨のなかの日時計の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい雨のなかの日時計が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな雨のなかの日時計電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)雨のなかの日時計あるある


電車移動をしている時などのわずかな時間に、無料漫画をさらっと見て好きな作品をピックアップしておけば、後で時間に余裕がある時に購入して続きを読むことができてしまいます。
漫画を読みたいなら、コミックサイトが重宝するはずです。購入手続きも非常に簡単ですし、リリース予定の漫画を購入したいということで、労力をかけて本屋に行って事前に予約をすることも必要なくなります。
BookLive「雨のなかの日時計」の販促戦略として、試し読みができるというのはすごいアイデアだと思います。時間や場所に関係なくマンガの内容を読むことができるので休憩時間を上手く活用して漫画選定ができます。
「アニメにつきましては、テレビで見れるもの以外は一切見ていない」というのは前時代的な話だと思います。そのわけはと言うと、無料アニメ動画をネットで楽しむというスタイルが主流になりつつあるからです。
電子書籍ビジネスにはいくつもの企業が進出していますから、きちんと比較してから「どの電子書籍を選ぶのか?」を決定することが大切だと思います。広範囲な本が揃っているかとかサイトの使い勝手、値段、サービスなどを比べてみると間違いありません。



ページの先頭へ