セヴンティーン無料試し読みコーナー


人はなぜこれほどたやすく17歳に戻ってしまうのか?再会があった。45歳、という中年の男女の再会。実に28年ぶり、ということは、かつて二人は17歳だった。人生における最も輝かしい年齢。その時初めて二人は「女」になり、「男」になった。この小説の冒頭は、47歳から始まる。つまり、再会からさらに少し時を経て、デートを重ねた地点なのだ。女性から男性に贈られるプレゼントと、彼女から打ち明けられた話は30年の時を超えて彼を狼狽させる。美しく、そしてどうしようもない狂おしい思いがそこにある。いったい二人はこれからどうなるのか?【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



セヴンティーン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


セヴンティーン「公式」はコチラから



セヴンティーン


>>>セヴンティーンの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)セヴンティーン評判


BookLive!(ブックライブ)のセヴンティーン支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもセヴンティーン電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもセヴンティーンの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもセヴンティーン支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、セヴンティーンの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいセヴンティーンが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなセヴンティーン電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)セヴンティーンあるある


電車に乗っている時も漫画をエンジョイしたいと望む人にとって、BookLive「セヴンティーン」ぐらい嬉しいものはないでしょう。スマホというツールを所持するだけで、余裕で漫画に没頭することができます。
来る日も来る日も新しい作品が登場するので、いくら読んでも読みつくす心配は不要というのがコミックサイトの売りです。本屋では扱わなくなってしまった珍しい作品も買い求めることができます。
電子書籍ビジネスには多数の業者が参入してきていますから、入念に比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めるようにしてください。本の取扱量や価格、サービス、使い勝手などを確認すると良いと思います。
本や漫画類は、お店で触りだけ読んで購入するか購入しないかを判断する人が過半数を占めます。しかしながら、昨今はBookLive「セヴンティーン」のアプリで1巻を読んでみて、それを買うかどうか判断する人が多いようです。
「比較などしないで選んだ」と言われる方からすれば、無料電子書籍はどれも似たり寄ったりという認識なのかもしれないですが、サービスの内容は会社によって異なりますので、比較するべきだと思います。



ページの先頭へ