成長株投資の神無料試し読みコーナー


米最高峰の成長株投資家が一堂に会して質問に答えた! 実際にトレードを行っているあらゆるレベルの人たちから寄せられた、あらゆる角度からの130の質問に、アメリカ最高のモメンタム投資家4人が隠すことなく赤裸々に四者四様に答える! マーク・ミネルヴィニは6年で3万6000%のリターン――年平均リターンは220%――をたたき出し、その間に出した損失は1回の四半期だけだった。USインベスティング・チャンピオンシップに出場したときは、155%のリターンを上げて優勝した。彼はジャック・シュワッガーの『マーケットの魔術師【株式編】《増補版》』(パンローリング)で取り上げられた。また、ベストセラーの『ミネルヴィニの成長株投資法――高い先導株を買い、より高値で売り抜けろ』(パン・ローリング)の著者でもある。 デビッド・ライアンは伝説的なウィリアム・オニールの弟子で、オニール社の元マネーマネジャーである。USインベスティング・チャンピオンシップで3年連続優勝して、毎年3桁のリターンを記録し、総リターンは1370%に達した。彼はジャック・シュワッガーの『マーケットの魔術師――米トップトレーダーが語る成功の秘訣』(パンローリング)で取り上げられた。 ダン・ザンガーは1990年代後半のわずか18カ月で、1万0775ドルを1800万ドルにした。彼の口座は2年で4200万ドルにまで膨らんだ! フォーチュン誌は2000年12月に彼についての詳細な記事を載せ、コックピットでトレードをしているかのような彼のスタイルを、「シンセサイザーで囲まれたロックキーボード奏者」と称した。 マーク・リッチー二世は、『God in the Pits(ゴッド・イン・ザ・ピッツ)』『My Trading Bible(マイ・トレーディング・バイブル)』を著して『マーケットの魔術師』にも取り上げられたマーク・リッチーの息子である。投資界では比較的に若手のほうだが、スターぞろいの本書の顔ぶれに加わった有力なトレーダーだ。2010年にマーク・ミネルヴィニが主催したトリプル・ディジット・チャレンジに参加して、6カ月足らずで100%以上のリターンを達成した。そのとき以来、彼の口座の評価額は540%増えていて、2014年だけでも110%増えた。 本書で主として取り上げられているトピックは次のとおりである――チャート分析、ファンダメンタルズ、仕掛けの基準、適切なポジションサイズ、毎日決まってやること、トレード管理、市場全般、心理など。 今までだれにも聞けなかったけれどぜひ聞いてみたかったこと、今さら聞けないと思っていたこと、どうしても分からなかったことなど、基本的な質問から高度な疑問までを、あらゆるレベル投資家にやさしく分かりやすい言葉で答えてくれている!
続き・・・



成長株投資の神無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


成長株投資の神「公式」はコチラから



成長株投資の神


>>>成長株投資の神の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)成長株投資の神評判


BookLive!(ブックライブ)の成長株投資の神支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも成長株投資の神電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも成長株投資の神の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも成長株投資の神支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、成長株投資の神の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい成長株投資の神が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな成長株投資の神電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)成長株投資の神あるある


毎月山のように本を読むとおっしゃる方にとりましては、月極め料金を納めれば何冊でも読み放題で閲覧できるというユーザー目線のサービスは、それこそ先進的と言えるでしょう。
月額の利用料が固定されているサイト、登録の必要なく使えるサイト、1巻ずつ支払うタイプのサイト無料にて読むことができる作品が数多くあるサイトなど、コミックサイトも何かと違いがありますから、比較しなければいけません。
BookLive「成長株投資の神」を読むのであれば、スマホが役立ちます。パソコンは重たいので持ち運ぶことができませんし、タブレットも通勤電車などの中での閲覧には不適切だと考えられるからです。
電子書籍も普通の書籍なんかと一緒で情報が商品ですから、自分に合わなくても返品することはできません。なので自分に合うかを確かめるためにも、無料漫画に目を通すことをおすすめします。
幅広い本を読み漁りたい方にとって、沢山買い求めるのは金銭的にも負担が大きいものだと考えます。だけれど読み放題を利用するようにすれば、書籍に掛かる費用を減らすことができてしまいます。



ページの先頭へ