グッド・デザイン無料試し読みコーナー


きみはグッド・デザイン好きだし、一緒にいたいが、ずっとは困る。なぜか。「良すぎるからだ」というのが彼の答えだ。彼女は良すぎるから、彼女といることだけで人生の全部になってしまう。他人が聞いたら鼻白むもいいところだが、これは小説であり、二人しか出てこない。「良い」とはすなわち、彼女がグッド・デザインだということでありこれ以上、彼にとって明白な事実は他にない。一組の男女が、互いになぜ好きなのか? を突き詰め、半ば議論のような会話を交わす。片岡義男以外の作家にはなかなか書けない短篇である。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



グッド・デザイン無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


グッド・デザイン「公式」はコチラから



グッド・デザイン


>>>グッド・デザインの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)グッド・デザイン評判


BookLive!(ブックライブ)のグッド・デザイン支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもグッド・デザイン電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもグッド・デザインの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもグッド・デザイン支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、グッド・デザインの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいグッド・デザインが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなグッド・デザイン電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)グッド・デザインあるある


スマホを持っているなら、好きな時にコミックにどっぷり浸ることが可能なのが、コミックサイトのメリットです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや1カ月毎の固定料金制のサイトなど様々です。
無料漫画と呼ばれているものは、書店での立ち読みと同じ様なものだと考えていただければわかりやすいです。楽しめるかどうかを一定程度認識してから購入できるので、ユーザーも安心できると思います。
BookLive「グッド・デザイン」を読むと言うなら、やっぱりスマホじゃないでしょうか?パソコンは重たいので持ち歩くことが不可能ですし、タブレットもバスなど人混みの中で読みたいという場合には、大きすぎて邪魔になると言えます。
「電子書籍には興味をそそられない」という本好きな方も少なからずいますが、一度でもスマホで電子書籍を読むと、持ち運びの楽さや購入のシンプルさから何度も購入する人が多く見られます。
多くの人が無料アニメ動画を利用しています。何もすることのない時間とか移動中の時間などに、手間要らずでスマホで楽しむことができるというのは、非常に便利だと言えます。



ページの先頭へ