最愛の人たち無料試し読みコーナー


写真は時間であり、小説は時間を生き直すことである不思議な長篇小説である。一人は写真家、一人は小説家になっている二人の男性がいて、二人は親しい友人同士である。写真家には、少なくとも年に一度はその姿を撮影し、それが何年にも及んでいる女性がいて、小説家には、彼の書くすべての小説のインスピレーションの源になっている女性がいる。しかし彼たち、彼女たちは恋愛関係にはならず、いや、恋愛のもっと向こう側にある、何かもっと痛切なものの中に没入してしまったかのようだ。片岡義男による、異例ともいえる長い「あとがき」にも注目したい。【目次】第一部「私は一曲のバラッドです」第二部 最後の一行を書くために第三部 八月の午後の一瞬から第四部 写真についての一通ずつの手紙あとがき【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



最愛の人たち無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


最愛の人たち「公式」はコチラから



最愛の人たち


>>>最愛の人たちの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)最愛の人たち評判


BookLive!(ブックライブ)の最愛の人たち支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも最愛の人たち電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも最愛の人たちの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも最愛の人たち支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、最愛の人たちの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい最愛の人たちが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな最愛の人たち電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)最愛の人たちあるある


空き時間を面白おかしく過ごすのにベストなサイトとして、支持されているのが、BookLive「最愛の人たち」と呼ばれるものです。本屋さんなどで欲しい漫画を探したりせずとも、スマホでアクセスすることで好きな時に読めるという所が素晴らしい点です。
余計なものは持たないという考え方が大勢の人に賛同されるようになった近年、漫画本も印刷物として携帯せず、BookLive「最愛の人たち」を活用して耽読する人が拡大しています。
本を購読する予定なら、BookLive「最愛の人たち」サービスである程度試し読みをするべきです。物語の展開や漫画に登場する人の雰囲気などを、課金前に確認できます。
読み放題プランは電子書籍業界にとっては正しく画期的とも言える試みなのです。本を買う側にとっても出版社サイドにとっても、利点が多いということで、早くも大人気です。
BookLive「最愛の人たち」は常に携行しているスマホやNexusやiPadで読むことができるようになっています。ちょっとだけ試し読みしてから、その漫画を購入するかの結論を下す方が増加していると聞いています。



ページの先頭へ