カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~無料試し読みコーナー


カレー物語の小説として楽しむだけでなく、広報を理解し習得しすぐに実践できる実務ノウハウ書!時は2000年代前半、1人の若手社員が伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」を広報で立て直した話である。現在、カレー総合研究所及びカレー大學の代表で、しかも日本を代表する広報コンサルタントでもある井上岳久氏の実話に基づき小説化。広告費ゼロの広報のみで同館を坪単価日本No.1にした広報の秘策とは?!カレーミュージアム閉館から10年経たことを機に、その秘密がいま明かされる。【あらすじ】今や伝説となった「横濱カレーミュージアム」。このテーマパークは2000年の開業時にオープン広報で有名になったが、その後、担当者の運営の愚策により経営危機に陥ってしまう。この危機に1人の男が復活を託され、手探りながらも独自の広報戦略と手法を用いてV字回復させた。ラストのやむを得ない理由で閉館するシーンは、感動が待っている。【購入者様への特典】「カレーうどん革新ラボ開店リリース見本」付【著者プロフィール】井上 岳久株式会社カレー総合研究所代表取締役/カレー大學学長/井上戦略PRコンサルティング事務所代表1968年生。カレー業界を牽引する第一人者で、広報PR業界を代表する売れっ子のコンサルタント。横濱カレーミュージアムを立ち上げに携わり、2002年11月プロデューサーに就任し入館者数減少に悩む同館を広報で復活に導く。カレーの文化や歴史、栄養学、地域的特色、レトルトカレーなどカレー全般に精通。スープカレーやフレンチカレー、バターチキンカレーなどのブームを巻き起こしたことでも有名。著書に、『カレーの経営学』(東洋経済新報社)、『国民食カレーで学ぶもっともわかりやすいマーケティング入門』『カレーの雑学』(日東書院本社)など多数。
続き・・・



カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~「公式」はコチラから



カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~


>>>カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~評判


BookLive!(ブックライブ)のカレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもカレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもカレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもカレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいカレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなカレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)カレーなる広報 ~伝説のテーマパーク「横濱カレーミュージアム」奮闘記~あるある


漫画は電子書籍で購入するという方が増加しつつあるようです。持ち歩くことからも解放されますし、収納場所も必要ないというのが大きな理由です。更に言えば、無料コミックもいくつかあるから、試し読みもできてしまいます。
店舗では扱っていないといった古いタイトルも、電子書籍では揃っています。無料コミックの中には、中高年世代がずいぶん前に何度も読んだ漫画もあったりします。
本や漫画などの書籍を入手するときには、ざっくりと中身を確かめてから決定するという人の方が多いと思います。無料コミックなら、立ち読みのように中身を確かめるのも簡単なのです。
登録者の数が右肩上がりで増加し続けているのがスマホのコミックサイトです。2~3年前までは「形が残る単行本で買うのが良い」という人が主流でしたが、電子書籍の形態で買って読むという利用者が増加しています。
お店の中などでは、広げて読むのもためらいを感じるという内容の漫画でも、無料漫画システムを提供している電子書籍なら、好みかどうかを確かめた上で買うかどうかを決めることができるのです。



ページの先頭へ