部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50無料試し読みコーナー


必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、2015・2016年ジュニアナショナルチームの監督がわかりやすく解説。 日本代表を育てた強豪校が実践する、必勝のポイントはこれだ!● 正しい打ち方をマスター!● 実践で活きる効果的なトレーニング!● 戦術を駆使して試合を勝ち抜く!● 実力を伸ばす練習計画 ・ 環境づくり!バドミントンは、多くの人に親しまれているスポーツです。手軽に始めることができ、広場さえあればどこでもプレーできます。しかし、トップクラスとなると高度なテクニックとスピードが求められる厳しい世界。両極端な一面を持ったスポーツでもあります。本書は、「部活動」に焦点をあてて作成しました。私自身、長年、部活動としてのバドミントンに携わっており、未熟ながらも、その楽しさも難しさも理解しているつもりでおります。生徒たちにとっての部活動は、ただ単にスポーツをするというだけにとどまらず、学校生活の重要な部分を占めている時間でもあります。その大切な時間を指導者として、最善を尽くしてきたつもりでおります。全国の学校を見渡せば、部員数が少なく悩んでいる部活もあれば、逆に多すぎてコートが足りないことが悩みの学校もあり、また、指導者がバドミントンの初心者でどう教えていいのかわかならいこともおありでしょう。どんなに練習を積んで頑張っていても、地区予選1回戦敗退を繰り返し、強くなろうと必死の努力を重ねている部もあるかと思います。そうした全国各地の部、生徒、指導者たちが少しでもよりよい方向にいくことを願って、この本を作成しました。各学校の部活動の発展に少しでも貢献出来たら幸いです。監修者 ; 名倉 康弘この本は、バドミントンの上達のコツをストローク、ショットごとに提案した本です。始めから順番に読み進める必要はなく、自分の苦手とする項目やテクニックなど、習得したい部分を選んで読み進めることができます。例外はありますが、基本的に見開きで1つのプレイのコツを紹介しています。そのコツをすばやく習得するため、やり方の手順や知識、ポイントとなる部分を細かく説明しています。また、部活動に焦点をあて、部活動での練習法や部活動においての考え方などをページ内にも盛り込んでいます。部活動で練習する上での参考になさってください。巻末ページでは、よりより部活動を目指すためのコツを紹介しています。この章では、部活動についての考え方や指導の仕方、成長期に考えておきたいケガと栄養についてを説明しています。*** 目次 ***★ PART 1基本を覚えることが上達への近道★ PART 2正しい打ち方を体に覚え込ませることが試合勝利の秘訣★ PART 3強豪校のトレーニングでレベルアップする★ PART 4試合を勝ち抜くための戦術・セオリー★ PART 5一緒にスキルアップ監督・キャプテンと取り組もう!※ 本書は2011年発行の「部活で大活躍できる!! 勝つ!バドミントン 最強のポイント50」を元に加筆・修正を行っています。
続き・・・



部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50「公式」はコチラから



部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50


>>>部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50評判


BookLive!(ブックライブ)の部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50あるある


雑誌や漫画を含めた書籍を購入する際には、数ページパラパラと確かめてから決定する人が大部分です。無料コミックなら、立ち読みしているのと同様に内容を見ることができるというわけです。
無料漫画をわざわざ提示することで、利用者数を増やし売り上げ増加に繋げるのが電子書籍を運営する会社にとっての目的ですが、当然ですが、ユーザーも試し読みできるので、購入の判断がしやすくなります。
書店では見つけられないといったちょっと前に発売された漫画も、電子書籍では揃っています。無料コミックのラインナップには、アラフォー世代が以前楽しく読んでいた漫画が含まれていることもあります。
幼少期に楽しんだ思い出のある漫画も、BookLive「部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50」という形で読めます。小さな本屋では買うことができないようなタイトルも様々にあるのがポイントなのです。
BookLive「部活で差がつく!勝つバドミントン 最強のコツ50」が大人世代に受けが良いのは、若かったころに読みふけった漫画を、改めて手間もなく読むことができるからだと考えられます。



ページの先頭へ