みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本無料試し読みコーナー


日本・世界の戦争と、それにまつわる「戦争遺産」を紹介し、今の小学生に継承する一冊。 戦いによる「負の遺産」を心に刻み、争いのない世界への想いをあらたに! 二度の世界大戦の戦跡を中心に、軍事施設跡や内戦の爪痕などを紹介。 歴史や背景もわかりやすく解説。 調べ学習に役立つビジュアル版。● 原爆ドーム ( 広島 )● 平和記念像 ( 長崎 )● 東京湾要塞の猿島 ( 神奈川 )● 沖縄平和祈念公園 ( 沖縄 )● バンザイ・クリフ ( サイパン )● ナチスドイツ強制収容所 ( ドイツ/ポーランド )● スタリ・モスト ( ボスニアヘルツェゴビナ )● クネイトラ ( シリア )● キリング・フィールド ( カンボジア )● クチの地下道 ( ベトナム ) 他人類の歴史は常に戦争とともにありました。人々は資源や土地、思想やプライドを賭けて争い、その跡にはたくさんの悲しみが残ります。それは日本も同様で、近代兵器による戦争が始まると、戦いは海を越え多くの人々や建物、土地を破壊し侵略していきました。世界にはこのような争いの影響を受けた軍事施設や工場、戦争に関する建造物や事件の跡地がたくさんあり、これらを「戦争遺跡」と呼びます。「戦争遺跡」から得られる情報は貴重で、現在は史跡や文化財に指定され、保存されているものも多くあります。これらは「負の遺産」であり、当時のできごとを知る教材でもあり、平和の問題を考えるきっかけとなるものです。歴史の感じ方や捉え方はひとによって異なり、正解もありません。ただ、事実として、目をそむけたくなるような「悲惨な悲しい歴史」があったのは確かです。この本を読んで戦争を知り、平和の大切さを学び、また自分自身で考え・感じてもらい、みなさんの学習を深めることができればと願っています。
続き・・・



みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本「公式」はコチラから



みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本


>>>みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本評判


BookLive!(ブックライブ)のみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでもみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでもみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでもみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しいみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめなみんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本あるある


「アニメに関しては、テレビで視聴することができるものを見ているだけ」というのは一昔前の話だと言うしかないでしょう。なぜなのか言えば、無料アニメ動画などをネット上で視聴するというパターンが浸透しつつあるからです。
「ある程度中身を知ってからでないと買えない」と思っている利用者からしたら、無料漫画と言いますのは短所のないサービスだと言えるでしょう。運営者側からしましても、新規ユーザー獲得に繋がるはずです。
スマホを所有していれば、気楽に漫画漬けになることができるのが、コミックサイトのメリットです。1冊1冊で買うスタイルのサイトや1カ月定額料金のサイトなど様々あります。
ネットにある本の通販サイトでは、基本的に表紙とタイトルに加え、大ざっぱな内容しか把握できません。でもBookLive「みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本」なら、かなりの部分を試し読みができます。
「スマホの画面は小さいから見づらいということはないのか?」と言われる人がいることも認識しておりますが、実際にBookLive「みんなが知りたい!世界と日本の「戦争遺産」 戦跡から平和を学ぶ本」をDLしスマホで読むということをすれば、その機能性にびっくりするようです。



ページの先頭へ