古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント無料試し読みコーナー


江戸を中心に古文書の解読のポイントを写真や図を交えた解説で紹介。入門の位置づけの本でとっつきやすい内容も掲載。動画解説で人気の講師が教える、いちばんわかりやすいくずし字入門!ゼロからでもわかりやすい!この一冊で始める!!平仮名を読みこなすコツを徹底解説● どうして読めないか● 五十音別解説● 続き字の攻略● 文献にチャレンジ最もわかりやすい入門書を目指して基礎の基礎から学べる本をつくりたい。それが本書の企画意図である。もちろん最低限のことは覚えなくてはならないが、攻略のコツさえつかめば進歩は意外に早い。ネット講座 「くずし字を解説しよう!」が大人気の齋藤均先生のご協力のもと、基礎の基礎にこだわって効率よく学べるポイントをまとめてみた。くずし字の読みこなしはパズルや暗号解読に似ている。のたくった謎の筆文字が意味のある言葉に変わる瞬間は快感といっていい。中高年の方には格好の脳トレにもなってくれるだろう。本書は基礎の基礎という観点から、平仮名の読解にテーマを絞った。平仮名が読めるようになれば、漢字にルビが振られた江戸期の庶民向けの文書なら十分こなせる。また漢字が混ざった古門書の読み取りにも自ずと道が開けるはずだ。くずし字では一つの音にいくつもの種類(異体字)が設定される。本書では異体字の数が限定されてくる江戸時代のものを中心に、比較的登場頻度が高いものを齋藤先生にセレクトしてもらった。なお異体字のパターンは、書道家の樋口英一氏に書き起こしていただいた。読めると、文字を介して昔の人とつながれるなど、人生を豊かにしてくれる面もあるが、それ以前に他人に真似できない知的な行為であり、特技として人にほこっていいことだと思う。この本で、あなたもくずし字マスターを目指そう。
続き・・・



古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント「公式」はコチラから



古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント


>>>古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイントの詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント評判


BookLive!(ブックライブ)の古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイントの料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイントの冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイントが見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイントあるある


BookLive「古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント」がアダルト世代に高評価を得ているのは、若かったころに何遍も読んだ漫画を、改めて気軽に見ることができるからということに尽きるでしょう。
電子書籍の人気度は、ここ1~2年特に高くなってきているようです。そんな中で、特に利用者が増加傾向にあるのが読み放題というサービスだとのことです。支払い代金を気にする必要がないのが大きなポイントです。
多くの人から支持されているアニメ動画は、若者だけが楽しめるものだと思い込んでいないでしょうか?中高年が見ても面白いと感じる構成で、心を打つメッセージ性を持った作品も増加しています。
「話の内容を知ってからお金を払いたい」と感じている利用者にとって、無料漫画は利点だらけのサービスだと言えます。運営者側からしましても、新規ユーザー獲得に結び付くわけです。
BookLive「古文書を楽しく読む!よくわかる「くずし字」見分け方のポイント」は手軽に持ち運べるスマホやタブレット端末で閲覧することができるわけです。冒頭部分のみ試し読みを行って、その漫画を買うかどうかの判断を下す人もたくさんいると聞きます。



ページの先頭へ