海をもらった人無料試し読みコーナー


海をめぐる二つの小説ビターな味わいの小説である。まずは、おだやかな家族の風景から一転して悲劇が訪れ、しかしその悲劇は小説として書かれたものだった、という仕掛けから始まる。そして物語の視点は、その悲劇の小説を編集者として受け取った男のものとなる。その男は海辺で偶然、かつての知り合いと会い、その知り合いが小説を書こうとしていることを知る。知り合いの書いたものを読んでみると……そこに悲劇は無いが、編集者には不徹底な失敗した小説としか思えない。最初も最後も小説に係わる、あくまでビターな作品である。【著者】片岡義男1939年東京生まれ。早稲田大学在学中にコラムの執筆や翻訳を始め、74年『白い波の荒野へ』で作家デビュー。75年『スローなブギにしてくれ』で野生時代新人賞を受賞。ほか代表作に『ロンサム・カウボーイ』『ボビーに首ったけ』『彼のオートバイ、彼女の島』など多数。http://kataokayoshio.com/
続き・・・



海をもらった人無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックすると詳細♪


海をもらった人「公式」はコチラから



海をもらった人


>>>海をもらった人の詳細はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)海をもらった人評判


BookLive!(ブックライブ)の海をもらった人支払い方法は数多く用意されていて、Tポイントでも海をもらった人電子書籍を購入することが可能です。
また、ウェブマネー・楽天Edy、モバイルSuicaなどの電子マネーでも海をもらった人の料金を支払うことができ便利です。
もちろんクレジットカードやキャリア決済などでも海をもらった人支払いできますよ。
BookLive!(ブックライブ)ですが、海をもらった人の冊数に関しては申し分ないレベルとなっており、探したけど欲しい海をもらった人が見つからないということは起きないでしょう。
また専用アプリリーダーは高機能で使い勝手が良いですので、読む環境を重視する方にもおすすめな海をもらった人電子書籍サイトと言えます。


BookLive!(ブックライブ)海をもらった人あるある


「出先でも漫画を見ていたい」などと言う人にちょうど良いのがBookLive「海をもらった人」だと言って間違いありません。荷物になる書籍を鞄に入れて歩くことが不要になり、鞄の中身も減らせます。
「どのサイトを利用して書籍を購入することにするのか?」というのは、考えている以上に重要なポイントだと言えます。購入費用とかシステムなどに違いがあるため、電子書籍というのは比較検討しなければいけないと断言できます。
アニメが趣味の方にとっては、無料アニメ動画はある種革命的なコンテンツなのです。スマホさえ持っていれば、タダで視聴することができるというわけです。
10年以上前に繰り返し楽しんだ感慨深い漫画も、BookLive「海をもらった人」という形でDLできます。店頭では置いていない漫画も様々にあるのがセールスポイントだと言うわけです。
スマホやタブレットで電子書籍を入手すれば、会社への移動中や午後の休憩時間など、好きなタイミングで読めます。立ち読みも可能となっていますので、本屋に立ち寄る手間が省けます。



ページの先頭へ